りゅうナビ

りゅうせきグループ(株式会社 りゅうせき)

りゅうせきグループ(株式会社 りゅうせき)

業 種
電気・ガス・エネルギー
IT・情報通信
航空・運輸・物流
金融・保険・証券
飲食・飲料・フードサービス
ホテル・旅行
医療・介護
卸売・小売・流通
建設・住宅・不動産
商社
複合サービス

1950年、沖縄経済復興を目指し、創業者である稲嶺一郎は戦後初の
民間石油供給会社である「琉球石油(株)」を立ち上げました。
創立当初からエネルギーの安定供給を使命とし、「社業の公共性」を
企業活動の柱とし取り組む中、多角化経営への挑戦も絶えず行っています。
1991年にCI(コーポレートアイデンティティ)を導入し、社名を
「(株)りゅうせき」に改めました。
近年では新エネルギー事業をはじめ、観光関連事業、環境関連事業にも力を入れ、ベンチャー制度も導入しました。また、CSR(企業の社会的責任)への取り組みも積極的に行っています。

≪企業理念≫りゅうせきネットワークマインド
●地域と調和 ・・・ 地域社会との共感
●人間を信頼 ・・・ 人の幸せと情熱への応援
●未来へ前進 ・・・ 新たな価値の発見とその実現に挑戦する

≪求める人材≫
企業理念に共感し、現在取り組んでいる多種多様の業種、新規事業分野への展開など、未来志向で考動できる人材を求めています。

  • りゅうせきグループ(株式会社 りゅうせき)の写真
  • りゅうせきグループ(株式会社 りゅうせき)の写真
  • りゅうせきグループ(株式会社 りゅうせき)の写真
  • りゅうせきグループ(株式会社 りゅうせき)の写真
  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒901-2123 沖縄県浦添市西洲2-2-3
地図
TEL 098-875-5000
FAX 098-873-0270
HP http://www.ryuseki.co.jp
事業内容

■石油類の卸・直売及びそれに付随する一切の事業
■液化石油ガスの卸・直売及び販売に付帯する一切の事業
■不動産関連事業

設立年月 1950年9月
代表者名 代表取締役社長 當銘 春夫
資本金 1,050,000,000円
従業員数 396名
年間売上高 63,256,000,000円
沿革 昭和25年9月 那覇市松山において全琉に唯一の民間石油供給会社として琉球石油 株式会社を設立
昭和26年5月 宮古支店と八重山支店の営業開始
昭和31年11月 那覇支店開所
昭和39年3月 北部支店開所
昭和45年12月 東亜運輸 株式会社を設立(現:連結子会社)
昭和57年6月 琉球ガス 株式会社を設立
昭和59年10月 琉石冷蔵 株式会社を設立
昭和60年4月 中部支店開所
昭和62年4月 株式会社 オートプラザ琉石を設立(現:連結子会社)
昭和62年5月 株式会社 りゅうせきビジネスサービスを設立(現:連結子会社)
平成3年4月 株式会社 エネラインを設立
平成3年9月 株式会社 りゅうせき燃料を設立
平成3年11月 商号を株式会社 りゅうせきに変更、本店を浦添市西洲に移転
平成6年2月 りゅうせき商事 株式会社を設立、保険事業部をりゅうせき商事 株式会社に営業譲渡(現:連結子会社)
平成11年12月 株式会社 りゅうせき建設を設立(現:連結子会社)
平成12年11月 株式会社 りゅうせき低温流通を設立
平成12年12月 株式会社 りゅうせきエネルギーを設立(平成30年3月末現在、45店舗運営)(現:連結子会社)
平成13年1月 琉石冷蔵 株式会社を吸収合併
平成13年3月 株式会社 エネライン、株式会社 りゅうせき燃料、株式会社 コア燃料を吸収合併
平成13年12月 株式会社 りゅうせきロジコムを設立(現:連結子会社)
平成15年12月 株式会社 りゅうせきエネプロを設立(現:連結子会社)
平成16年3月 琉球ガス 株式会社、沖縄プロパンガス 株式会社を吸収合併
平成18年1月 有限会社 ロコファームを設立
平成20年4月 ホテル・飲食事業部発足、りゅうせき商事 株式会社のホテル事業部を移管
平成20年9月 ワールド・グルメバイキング アレッタ ホテル ロコア ナハ店開業
平成20年9月 ホテル ロコア ナハ 開業
平成23年5月 株式会社 日亜商事の株式100%を取得(現:連結子会社)
平成27年4月 ワールド・グルメバイキング アレッタ イオンモールライカム店開業
平成29年3月 株式会社 大門商事の株式100%を取得(現:連結子会社)
平成30年3月 株式会社 E.T.Sの株式100%を取得(現:連結子会社)
平成31年1月 八重山支店を石垣市南ぬ浜町に移転
支店・支店事業所 沖縄全県(離島含む)
グループ会社・子会社・
関連会社
関連会社7社(下記はグループ各社の本社所在地)
(株)りゅうせき          浦添市西洲2-2-3
(株)りゅうせきライフサポート   浦添市西洲2-2-3 4F       
(株)りゅうせきフロントライン   浦添市勢理客4-20-1
(株)りゅうせき建設        浦添市勢理客4-20-1
(株)大亜             浦添市西洲2-6-2
(株)りゅうせきケアプロ      那覇市国場32
(株)りゅうせきビジネスサービス  那覇市長田2-28-40
採用実績データ 2021年度入社社員数11名(男性7名・女性4名)
2020年度入社社員数8名(男性6名・女性2名)
2019年度入社社員数6名(男性4名・女性2名)
2018年度入社社員数5名(男性4名・女性1名)
2017年度入社社員数6名(男性4名・女性2名)
2016年度入社社員数6名(男性3名・女性3名)
2015年度入社社員数5名(男性3名・女性2名)
2014年度入社社員数3名(男性2名・女性1名)
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

嘉手納 安顕(カデナ ヤスアキ)

嘉手納 安顕(カデナ ヤスアキ) さん

部署・役職
㈱りゅうせきフロントライン 管理部 ※出向中
出身学校
岡山理科大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

就職活動中に気をつけた事は「①見栄を張らずに自分をアピールする」「②目の前の事に集中」「➂頑張っていればナンクルナイサ(何とかなるさ)と前向きに考える」です。
こうしておけばよかったと感じた点は「インターンシップに参加」です。何かと不安感を抱いてしまうこともあるかもしれませんが、今考えると「全然怖くなんか無く、職場の雰囲気を体験できる貴重な機会だなぁ」と思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

自分は「絶対にこの業種」というものを決められずにいました。何が向いているか分からないし、大学では生物系を学んでいたけど就職活動では決め手にならない。興味がある仕事はあるけど、それ一本で食っていく覚悟はできない。といった中で、りゅうせきはグループ内に多様な業種があり、歴史・信頼が深く、福利厚生面を見ても働きやすい環境だと思ったからです。自分を必要としている・成長できると感じた点も大きかったです。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

一芸に特化した人、人との付き合いが上手な人、黙々と作業するのが得意な人など、社会には色々なタイプの人がいて、かつ必要とされる場があると思います。会社側も真剣に採用活動に取り組んでいます。実際に就職活動を通じて、自分では気づけなかった「必要とされる場所」を会社に見つけて貰えるかもしれません。色々な可能性に気づく機会を増やし、今後を想像して就職先を考えていく事が大切だと思います。

佐久本 季枝(サクモト キエ)

佐久本 季枝(サクモト キエ) さん

部署・役職
㈱りゅうせき 輸送事業部 中部物流センター
出身学校
琉球大学 農学部 亜熱帯農林環境科学科

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

意識した事は、ほんの少しでも気になった企業は気の済むまで調べることです。ネットや雑誌で調べるのはもちろん、時間があれば説明会へ参加するよう心がけていました。また説明会に参加するまでに質問を5個以上準備するようにしていました。
今思う後悔は、もっと多くの会社説明会に参加すればよかったと思います。様々な企業へ足を運ぶフットワークの軽さが私にはあまりなかったと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

ズバリ「女性の働きやすさ」です。福利厚生の充実、女性管理職も多く、将来のなりたい自分を唯一想像できたのが弊社でした。
また幅広い業種に携われるため、飽き性の私にはピッタリだと感じたのも決め手の一つです。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動は自分に何が合っているのか・何がしたいのか、ひたすら自問自答し、正直私は辛かったです。でも逆に「何をしたくないのか」を考えると、ある程度自分に合った業種や企業が絞り込めました。ぜひ考えてみてください。
今は就活で心身ともに疲弊していると思いますが、乗り越えればとても楽しい社会人生活が待っています!学生の頃には想像もできなかった出会いや新しい知識及び興味がぐんと増えます。前向きなお気持ちで就職活動をやりきってください。

新屋 香里奈(シンヤ カリナ)

新屋 香里奈(シンヤ カリナ) さん

部署・役職
りゅうせきフロントライン/情報通信事業部、/auショップあわせベイストリート  ※出向中
出身学校
沖縄国際大学/総合文化学部/社会文化学科/歴史学専攻

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

私が就職活動で意識した事は、沢山の企業に目を向ける事です。学生の頃は、自分のやりたい事や大事にしている事が、まだはっきりしていなかったので視野を広げるためにも沢山の企業の説明会に参加しました。また、何度か説明会に参加すると顔を覚えてくれたので自分のアピールにもなりました。「こうしておけばよかった」と感じる点は、スケジュール管理です。詰め込みすぎて、自分で自分を追い込んでいました。(笑)

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

「決め手」は、多角経営で幅広い業種を経験できる、会社だと感じたからです。また、インターンシップに参加した際に会社の雰囲気や、社員の方々と話す機会があったので、実際に働くイメージが沸いたのも理由の一つです。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動をする中で、周りと比べてしまい焦ったり、不安に押しつぶされそうな時があるかもしれません。そんな時は自分らしさを見失わずに、自分の軸を大切にして下さい。そうすれば、自ずと素敵な会社に出会えると思います。皆さんの就職活動がうまくいくよう、心から応援しています。