りゅうナビ

株式会社 okicom

株式会社 okicom

業 種
IT・情報通信

okicomの社是は「おもしろいことへのチャレンジ」。
よいアイデアには皆で取り組み、社員とともに夢を実現していく。
そして地域社会に貢献できる知力と行動力あふれる頼れる集団となることが目標です。

  • 株式会社 okicomの写真
  • 株式会社 okicomの写真
  • 株式会社 okicomの写真
  • 株式会社 okicomの写真
  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒901-2223 沖縄県宜野湾市大山1-17-1
地図
TEL 098-898-5335
FAX 098-870-2088
HP https://www.okicom.co.jp/
事業内容

建設関連ソリューション
  ドローン/i-Construction/CIM・BIM/土木・建築積算/3D コンテンツ作成
  3次元CAD/電子納品/原価管理

公共・自治体ソリューション
  GIS/観光関連/ICT関連機器/PC教室他文教関連
  地域福祉支援/介護施設支援/障がい者支援/災害時要援護者支援

不動産ソリューション
  賃貸管理・売買仲介営業支援

基幹・保守ソリューション
  財務会計・販売管理・給与勤怠/サーバ/ネットワーク/セキュリティ
  VM/クラウド/IT保守サービス

LED・エコソリューション
  LED/エコシステム/プロジェクションマッピング/イルミネーション

新規事業企画
  RPA /チャットボット/Iot/ビジネスモデル開発/ITコンサルタント
  地域資源活性化/産地プロデュース

設立年月 1980年1月10日
代表者名 代表取締役:小渡 玠
資本金 5,000万円
従業員数 75名(2020年4月現在)
年間売上高 11億円
沿革 1980頃
会社設立
会計事務所向け専用システム
農業協同組合向けシステム販売
土木コンサルタント業務システム販売
各種ハードウェア保守業務

1984頃
歯科医院向けシステム販売
土木自動図化システム「ADDsystem」開発

1989頃
本社を浦添市港川より浦添市牧港に移転
ボウリング場オートレーンシステム販売

1993頃
本社を浦添市牧港より宜野湾市大山へ移転
土木積算システム販売

1995頃
官公庁向けシステム開発
GIS(公園台帳システム)開発

1996頃
土木構造物数量計算システム「DRAMATIC」開発
擁壁展開図システム「REDD+system」開発

1997頃
漁港台帳システム開発

1998頃
県外メーカーにADDをOEM供給
有限会社ティディエスアンツ設立

2003頃
NPO法人沖縄地理情報システム協議会設立

2006頃
ワンストップITサポート沖縄県経営革新計画承認

2007頃
ISO27001認証取得※
漁港総合管理システム県外出荷

2008頃
漁港総合管理システムが情報化月間推進会議議長賞を受賞

2009頃
文教事業部門を拡張強化

2010頃
那覇市支店、浦添市支店を開設

2013頃
沖縄市支店を開設
沖縄県産業・雇用拡大県民運動推進功労者表彰を受賞

2015年4月
社名を「沖縄コンピュータ販売株式会社」から「株式会社okicom」へ変更
支店・支店事業所 那覇市支店
北部支店
大山オフィス
まちなとオフィス
グループ会社・子会社・
関連会社
有限会社ティディエスアンツ
〒900-0033
沖縄県那覇市久米1-4-17
TEL:098-860-0321
FAX:098-860-0322
主要取引先 リコージャパン株式会社
キャノンマーケティングジャパン株式会社
株式会社大塚商会
ダイワボウ情報システム株式会社
ソフトバンクBB 株式会社
福井コンピュータ株式会社
応研株式会社
株式会社コンピュータシステム研究所
株式会社ビッグバン
日本情報クリエイト株式会社
株式会社パシフィックシステム
(他業務提携先省略)
採用実績データ 早稲田大学、一橋大学、琉球大学、沖縄国際大学、名桜大学、沖縄キリスト教短期大学、キリスト教学院大学、沖縄大学、工学院大学、日本工学院専門大学、日本大学、日本文理大学、沖縄職業能力開発大学校、久留米工業大学、那覇日経ビジネス工学院、沖縄情報経理専門学校、那覇情報システム専門学校、桜美林大学、国際電子ビジネス専門学校、ITカレッジ沖縄、沖縄大原簿記専門学校、桃山学院大学、名古屋工学院専門学校、浦添工業高等学校、美来工科高等学校、読谷高等学校、
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

平安山 真瑚(ヘンザン マコ)

平安山 真瑚(ヘンザン マコ) さん

部署・役職
積算データ品質対策室
出身学校
沖縄国際大学 産業情報学部 企業システム学科

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

もっと周りを頼っても良かったなと思います。当時はコロナの感染が拡大し始めた時期だったので、予定していた合説が中止になったり、人と会いづらくなったりして一人で抱え込んでいました。でも、自分の考えを言葉にするのはとても大事で、話すことで頭の中を整理することができます。就活支援の方や友人などを頼り、たくさん話してください。言葉にすることで自分の想いや考えが明確になり、就活の軸も出来てくると思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

職場の雰囲気が良かったことと、共感できる部分が多かったことが決め手です。会社訪問や選考時にお会いした社員の方々がとても優しく、また話をすると仕事に対してもお客様の課題を見極めて自分事として取り組もうという考え方をしていました。私もそのような気持ちで仕事をしたいと考えていたので、社員の方々と価値観が近いと思いました。今振り返っても、共感できる部分があるかどうかは会社を決めるうえで重要な指標になると思います。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

一つ目は自分の考えを早めに整理しておくことです。なるべく自分一人で完結するのではなく、周りの人にも手伝ってもらいながら自分の「考え」を言葉にしておくと、面接の時にも自分の言葉で面接官に伝えることが出来ます。二つ目はなるべく多くの企業の「人」に会うことです。何をしたいかも大事ですが、どんな人と働くかも非常に重要なことです。チャンスがあれば企業訪問などをして、この人たちと働きたいかという視点で考えてみるのも良いかも知れません。

山内 梨乃香(ヤマウチ リノカ)

山内 梨乃香(ヤマウチ リノカ) さん

部署・役職
営業部 支援課
出身学校
沖縄国際大学 経済学部 地域環境政策学科

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

私が、こうしておけば良かったと思うことは試験勉強を、早めに行っておくことです。SPIなどの勉強は行ってはいましたが、十分ではなく筆記で落とされましたところが何件かあります。面接対策を行うことも必要だと思いますが、面接まで行かずに落とされると、面接対策や、グループディスカッションの練習など、準備してきたことを行えずに終わります。面接で全力を出すために試験勉強は早めに行っていた方が良いです!

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

会社を選ぶ軸というものを私は決めていました。「チーム一体となって働ける環境」「全力で働ける場所」「人を大切にしているか」を考えた時に、okicomに入りたいと思い決めました。1度内定後に訪問して、配属先である営業部で話した時に、個性があってみんな笑顔で、最初から最後まで良い印象が変わらなかったことも決め手でした。今入社半年以上経ちますが、その印象は変わっていません。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

自分なりの会社を選ぶ軸を持っておくことです。志望理由を書く時や、内定先を選ぶ際にもこの軸で判断ができるので、就職活動中の悩みが少なくなると思います。
もう1つは、個別説明会、インターンシップなどに参加することです。入社した時に、雰囲気が違う、仕事が違う、というギャップが少なくなります。軸や、何も決まっていない人こそ、全然違う業種の会社にも参加してみることで、働きたい会社の基準に気づいたりします。ぜひ多くの会社の説明会に参加してみてください!

富田 尚一朗(トミタ ショウイチロウ)

富田 尚一朗(トミタ ショウイチロウ) さん

部署・役職
システム開発部
出身学校
琉球大学 工学部工学科 知能情報コース

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

就職活動中は自分をアピールする機会が多いので人に与える印象を少しでも良い物にするために思考がネガティブにならない事を心がけていました。
また、やらなければならないことを後回しにせず出来るだけ早く済ませて少しでも精神的ゆとりを保つことを意識していました。
ですが、それでも切羽詰まって焦ってしまう事は多々あったので、あと1か月・1週間でも就職活動を早く始めたら、もっと焦らずに準備等できただろうなと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

私が株式会社okicomさんを選んだ決め手は実際に会社訪問した際の職場の雰囲気や業務内容でした。ネットや資料で見た情報と会社訪問や説明会を聞くことで
得られる情報は考えているより大きな差があり、会社の雰囲気の良さや業務形態・業務内容など社員の方々と関わることで知ることができたことが非常に多く興味が惹かれるものも多かったです。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

現在私はアルバイトという形で一足早く内定先企業の業務に参加していますが、実際に職場を体験すると得られる刺激や経験値が非常に多いと感じます。
なので就職活動で迷ったり悩んでいる方はまずは興味のある業種や企業のインターンシップ・アルバイトなどに参加して自分の体験をもとに考えてみるのがおススメです。
また、思い立ったが吉日、善は急げの精神で何事も後回しにせずに行動に移してみるのも後々自分のためになると思います。