りゅうナビ

医療法人徳洲会 静岡徳洲会病院

医療法人徳洲会 静岡徳洲会病院

業 種
医療・介護

〇静岡徳洲会の理念
 ◎生命を安心して預けられる病院
 ◎健康と生活を守る病院

〇理念の実行方法
 1)年中無休・24時間オープン
 2)地域に貢献する医療を提供します
 3)患者さまの権利を尊重します
 4)患者さまからの贈り物は一切受け取りません
 5)医療技術・診療態度の向上にたえず努力します

〇看護部基本理念
 『患者中心の看護』やさしさと思いやりのこころで
  病む人に寄り添い『こころに届く看護』を提供します

  • 医療法人徳洲会 静岡徳洲会病院の写真
  • 医療法人徳洲会 静岡徳洲会病院の写真
  • 医療法人徳洲会 静岡徳洲会病院の写真
  • 医療法人徳洲会 静岡徳洲会病院の写真
  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒421-0193 静岡県静岡市駿河区下川原南11-1
地図
TEL 054-256-8008
FAX 054-256-8020
HP http://shizutoku-kango.com/
事業内容

内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、心療内科、外科、脳神経外科、心臓血管外科、肛門外科、整形外科、リハビリテーション科、形成外科、小児科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、放射線科、泌尿器科、精神科、産婦人科、皮膚科、リウマチ科、病理診断科、麻酔科

設立年月 2005年4月1日
代表者名 山之上 弘樹
従業員数 444名 (2021年4月1日現在)
沿革 2005年3月:医療法人沖縄徳洲会 静岡徳洲会病院 竣工式・開院祝賀会
2005年4月:医療法人沖縄徳洲会静岡徳洲会病院として診療開始
      許可病床数 505床(一般403床、療養102床)
2005年8月:泌尿器科開設
2005年9月:心療内科開設、放射線科休止
2006年3月:放射線科開設
2006年8月:医師臨床研修として基幹型臨床研修病院の指定を受ける
2007年6月:眼科開設 眼科休止
2009年5月:肛門外科開設 消化器科を消化器内科、循環器科を循環器内科へ名称変更
2012年6月:介護保険施設 静岡徳州苑 開設
2012年7月:耳鼻咽喉科開設
2013年2月:リウマチ科開設 人工関節センター開始
2014年4月:499床(一般病床403床、療養病棟96床)へ病床変更
2015年10月:眼科開設
2017年4月:医師会加入
2020年7月:回復期リハビリテーション病棟開棟
2021年8月:公益財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価受審
2021年10月:医療法人沖縄徳洲会と医療法人徳洲会が合併し、医療法人徳洲会静岡徳洲会病院となりました
グループ会社・子会社・
関連会社
・介護老人保健施設 静岡徳州苑
・社会福祉法人恵心会 小坂の郷
採用実績データ ■九州・沖縄地方
<沖縄県>
・那覇看護学校
・ぐしかわ看護専門学校
・浦添看護学校

<宮崎県>
・都城医療センター附属看護学校

<福岡県>
・福岡水巻看護専門学校

<熊本県>
・熊本労災看護専門学校
・熊本保健科学大学

※その他都道府県別の採用実績データは、当院看護部ホームページに掲載しております。
開催日 イベント名
2023年度静岡徳洲会病院インターンシップ

詳細を見る

川嶋 柚唯(カワシマ ユイ)

川嶋 柚唯(カワシマ ユイ) さん

部署・役職
急性期外科病棟
出身学校
常葉大学

インタビューを見る

Q1.入職を決めた理由は何ですか?

実家から通える病院を探していたときに、静岡徳洲会病院のホームページを見つけました。就職試験を受けたいとメールで申し込みをした際に、大学生の時も実習で来たことがなかったため病棟の雰囲気が分からないことを伝えると、是非来てくださいと病院側から招待していただき、とても良い病院だなと感じました。実際に病棟見学をさせていただいた時もただ見学するだけでなく、点滴を作らせてもらったり、おむつ交換をしたりと実際に体験させていただくことが多く、業務をよく理解することができ、静岡徳洲会病院で働きたいという気持ちが強くなりました。

Q2.病院選びで重視したポイントは何ですか?

1番は実家から通えることでした。看護師は大変な仕事だと思っていたため、仕事で疲れて家のこともやらなければならないという状況はどちらも続かないなと思い、仕事に慣れるまでは、親に頼ろうと考えました。次に急性期で働きたいと言うことでした。他にも病棟の雰囲気やどんな先輩たちが居るのかなどは気になりました。

Q3.看護師として、苦労した・嬉しかった・良かったエピソードはありますか?

患者さんの疾患やリスク、現在の状態など何に注意して観察をしていくべきか、どんな薬を内服し、点滴をしているか、初めてだらけでプリセプターさんや先輩たちに教えてもらうばかりでした。しかし、自分でも疾患について勉強したり、質問して教えていただいたりしながら、徐々に理解できていき学べることが多く、とても良い病棟だと感じながら毎日業務を行っています。
最初は採血や点滴のインサイト、吸引など1人でできず先輩たちに助けていただくことばかりでしたが、1人でできる技術が増えていき、だんだん自信がついてきました。

川柳 渓亮(カワヤナギ ケイスケ)

川柳 渓亮(カワヤナギ ケイスケ) さん

部署・役職
急性期外科病棟
出身学校
千葉科学大学

インタビューを見る

Q1.入職を決めた理由は何ですか?

一つは静岡徳洲会病院理念に強く共感したことです。優しさと思いやりの心を持ちやむ人に寄り添い心に届く看護を提供すると言う理念です。自分の長所である優しさと思いやりを生かしながら看護を行い理念に貢献できると考えたからです。二つ目は病棟の雰囲気を体感したことです。インターンシップに参加させていただき病棟の雰囲気や患者さんとの接し方を見学できたことで自分が働いたときのイメージやこんな看護になりたいと望みを持てたことが入職を決めた理由です。その他は給料面なども少し気にしながら自分の満足のいくものであったことも理由の一つです。

Q2.病院選びで重視したポイントは何ですか?

1番は自分にあった病院かどうかです。今後長く働く職場を決める際に自分が続けていける場所でるかを重視しました。そのためインターンシップに参加し現場の雰囲気を体験したことで自分に合った成長できる場所だと知ることが出来ました。次に自分のやりたい看護が出来るかも大切です。自分は長所をいかしながら看護したいという思いがありました。自分のやりたい看護を実践するために理念に合う病院を選ぶことが重要だと思い重視しました。その他金銭面や週休など自分の生活にどれだけ余裕が持てるかも気にしながら選びました。

Q3.看護師として、苦労した・嬉しかった・良かったエピソードはありますか?

看護師一年目は基礎技術の習得に苦戦しました。足浴など学生の際に行っていた技術はある程度問題なく行えましたが、吸引や採血など入職してからの技術習得には苦戦しました。特に採血やインサイトは配属前の研修で同期同士で何回も刺し合いながら場数を踏んである程度手技を習得できましたが、配属後は患者さんによって難易度も全く違うためなかなか成功させることが出来ませんでした。患者さんに苦痛を与えることになりますが先輩に指導いただきながら成功例が増えてきたときはとても嬉しかったです。配属後はアセスメントにも苦労しました。同疾患でも患者さんの個別性を見いだしアセスメントする必要があります。先輩に指導いただきながら時間はかかりましたが修正箇所が少なくなってきたときは嬉しさを感じました。

坂井 亜優(サカイ アユ)

坂井 亜優(サカイ アユ) さん

部署・役職
慢性期障害者病棟
出身学校
石川県立大学

インタビューを見る

Q1.入職を決めた理由は何ですか?

実家から近く、通勤しやすいと感じたからです。また、病院案内をしてくれた際に、各病棟について丁寧に説明していただけたので自分が将来この病院で看護師として働いているところを想像することができたからです。急性期から慢性期まであり、自分に合った看護を見つけていけると感じました。そして新人研修が充実していると感じたため新人の私でも一から看護を学ぶことができ充実した生活を送ることができると思いました。

Q2.病院選びで重視したポイントは何ですか?

新人研修の内容と自身のキャリアアップにつながるかどうかを重視しました。看護師として働いていく中で新しいことをたくさん覚えるため日々の生活の中でできるかぎり不安をなくしたいと思い充実した研修をうけられる当院を選びました。また将来、認定看護師の取得を目指したいと考えているのでその点でも自分の考える看護師像に近づけると思ったためこの病院にしました。

Q3.看護師として、苦労した・嬉しかった・良かったエピソードはありますか?

覚えることがたくさんあり、自宅に帰ってからの復習が大変でした。また、翌日に新しい看護技術を実施することがあればその予習等も必要になるので勉強時間の確保に苦労しました。嬉しかったことは患者さんにありがとうといってもらえたり、名前を覚えてもらえたことです。先輩方に褒められたときもすごく嬉しかったです。