りゅうナビ

沖縄通信ネットワーク 株式会社

沖縄通信ネットワーク 株式会社

業 種
IT・情報通信

沖縄通信ネットワーク株式会社(OTNet)は、地域に特化した電力系通信会社として1996年10月に生まれました。
沖縄県内に独自の光ファイバ網を構築し、その通信インフラと技術力を駆使して、官公庁をはじめ県内企業のネットワーク構築に幅広く携わっています。

身近なところでは、沖縄セルラー電話株式会社の子会社として、また、KDDIグループ企業の一員として、「au携帯電話」サービスや「auひかりちゅらインターネット」サービスの一翼を担っています。

沖縄通信ネットワークは、地元に根差した通信事業者として沖縄県の発展に貢献できるよう、これからも成長していきます。

  • 沖縄通信ネットワーク 株式会社の写真
  • 沖縄通信ネットワーク 株式会社の写真
  • 沖縄通信ネットワーク 株式会社の写真
  • 沖縄通信ネットワーク 株式会社の写真
  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒900-0032 沖縄県那覇市松山1丁目2番1号番地沖縄セルラービル
地図
TEL 098-866-7727
HP https://www.otnet.co.jp/
事業内容

•電気通信事業法に基づく電気通信事業

•電気通信設備およびこれに付帯する設備の工事並びに保守

•電気通信および電力に関する機器、機材、ソフトウェアの開発、制作、販売、賃貸

•通信事業に付帯する仲介および販売代理

•ネットワーク構築等のコンサルティング

設立年月 1996年10月
代表者名 代表取締役社長 仲地 正和
資本金 11.8億円
従業員数 131名(2020年4月現在)
年間売上高 65億円(2020年3月期決算) 59億円(2019年3月期決算) 58億円(2018年3月期決算)
沿革 1996年10月資本金1億円で沖縄電力グループ企業として沖縄通信ネットワーク(株)を設立
1997年6月郵政大臣(当時)より第一種電気通信事業許可状取得
1997年10月「専用サービス」開始 ※光ファイバで2拠点を結ぶ専用通信サービス
1997年12月資本金1億円から資本金4億円へ増資
1999年3月資本金4億円から資本金7億円へ増資
2001年7月(株)トロピカルテクノセンターからISP事業(ii-okinawa)を営業譲渡
2001年11月「Powered Ethernet(パワード・イーサネット)」サービス開始

2010年1月
資本金7億円から資本金11.8億円へ増資沖縄セルラー電話株式会社(OCT)が第三者割当増資により当社株式を50.1%取得。
当社はOCTの連結対象子会社となる。
「auひかりちゅら」サービス全島展開のためのエリア拡大スタート

2013年4月当社を存続会社としてKDDI沖縄株式会社を吸収合併
2013年10月那覇市東町(KDDI那覇ビル)から那覇市松山(沖縄セルラービル)へ本社移転
グループ会社・子会社・
関連会社
沖縄セルラー電話 株式会社
沖縄電力 株式会社
KDDI 株式会社
採用実績データ ■新卒採用者数
2016年度:1名/2017年度:2名/2018年度:2名/2019年度:1名/2020年度:2名
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

立津 幹也(タテツ ミキヤ)

立津 幹也(タテツ ミキヤ) さん

部署・役職
技術部 ネットワークセンター
出身学校
サイバー大学 IT総合学部 IT総合学科 出身

インタビューを見る

Q1.この会社に入社を決めた理由を教えてください。

もともと県内のネットワーク関連の企業を希望し就職活動を行っていました。その中でも、会社の雰囲気や福利厚生、給与面を見て当社への就職を決めました。

Q2.就職活動で工夫したこと、反省点などを教えてください。

就職活動では大学3年生の夏ごろから職種を絞り、エントリーシートや履歴書の内容を考えました。職種を絞ることで志望動機などの大まかな内容は固定することができたため、各社の面接ごとに大きく内容を変更することなくスムーズに喋ることができました。

Q3.学生の皆さんへ一言お願いします。

学業と並行して就職活動をすることは大変だと思いますが、今が人生を左右する大事な時期だと思います。是非全力で就職活動に取り組み内定を決めてください!

平良 まどか(タイラ マドカ)

平良 まどか(タイラ マドカ) さん

部署・役職
沖縄セルラー電話株式会社 出向
出身学校
中央大学 総合政策学部 政策科学科 出身

インタビューを見る

Q1.この会社に入社を決めた理由を教えてください。

「沖縄県民の生活を支える仕事に携わりたい」という想いから主にインフラ業界を中心に就職活動を行っていました。当社は通信の安定供給だけではなく、時代とともに変化した新しい技術やサービスも提供できるなど、常に刺激を受けながら新しいビジネスを提案する喜びが味わえると思ったので入社を決めました。

Q2.就職活動で工夫したこと、反省点などを教えてください。

この会社に絶対に入るという気持ちを曲げず、筆記試験で出題されたであろう今までの問題を解いて、どんな問題が出題されても解けるように勉強をしました。面接では、どんな質問が来るのか準備はするのですが、いかに自分を表現するか、会話を上手くすることができるかが重要だと思ったので、受け答えに違いが出るよう友人や先生方、周囲の人に頼んで、面接練習をしました。

Q3.学生の皆さんへ一言お願いします。

内定をいただくまでとても不安だと思います。うまくいかなくても、あまり引きずらず反省点を活かして次に進むことが大切です。また、頑張っている自分を褒めてあげください。自分ひとりで就職活動を行うこともいいと思いますが、ぜひ友人や家族、先輩など周りの力を借りることもお薦めです。自分のやり方やペースで就職活動頑張ってください!
そして、少しでも当社に興味をもっていただけたら嬉しいです♪

赤嶺 僚紀(アカミネ トモキ)

赤嶺 僚紀(アカミネ トモキ) さん

部署・役職
ソリューション営業部 営業グループ
出身学校
沖縄国際大学 産業情報学部 企業システム学科 出身

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

1つの業界だけに絞り過ぎないということです。私は大学時代にはFPなどの資格を取得し、保険業界を目指していました。しかし、説明会などで様々な業界を知り、視野が広がり、OTNetを知ることができました。皆さんにも、1つの業界だけに絞らず、様々な業界・職種を見てほしいです。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

私は数社内定を頂いていましたが、座談会や説明会などに参加されている社員の方の雰囲気をみて、「一緒に働いていきたい」と思えたからです。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

業界を絞り過ぎずに様々な業界・業種の方のお話を聞いてください。その中から自分自身がやってみたい仕事・入りたい企業を探して、それがOTNetなら嬉しいです。採用試験は苦しいことも多いですが、体調に気を付けて、全力で頑張ってください。