株式会社 沖縄海邦銀行

株式会社 沖縄海邦銀行

業 種
金融・保険・証券

私たち「かいぎん」は創業以来、健全経営を基本とし、お客さまの立場に立った地域密着の経営を行ってきました。 
お客さまとの関わりを密にし、コミュニケーションを図りながら、一つひとつの信頼を積みあげ築いていく、地道で確かな経営スタイルこそが「かいぎん」の強みであり、変わらぬ存在価値(企業風土)であると考えます。
「かいぎん」が求めるもの、それは、多様な価値観を採り入れ、自由な発想や創造を自ら考え行動していく人材です。
「かいぎん」にとって人材が、最も重要な財産であり、行員一人ひとりのスキルを高めていくことが、お客さまへのサービス向上や企業発展に繋がっていると確信しているからです。
私たちが採用活動を行う上で大切にしていること。
それは皆さんと直接触れ合う機会を出来るかぎり多く持つということです。
皆さんが未来に向かい大切な一歩を踏み出せるよう、「かいぎん」は皆さんの思いに全力でこたえます。

  • 株式会社 沖縄海邦銀行の写真
  • 株式会社 沖縄海邦銀行の写真
  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒900-8686 沖縄県那覇市久茂地2-9-12
地図
TEL 098-867-2115
FAX 098-867-2343
HP https://www.kaiho-bank.co.jp/
事業内容

銀行業務全般
(銀行の三大業務はもちろん、お客さまのニーズにあった金融サービスを提供しております)

設立年月 1964年04月
代表者名 代表取締役頭取 上地 英由
資本金 45億円
従業員数 898名
年間売上高 129億円
沿革 1964年 4月 株式会社沖縄相互銀行と株式会社第一相互銀行が合併し、株式会社中央相互銀行設立 資本金70万ドル
1972年 3月 株式会社沖縄相互銀行へ商号変更
1989年 2月 普通銀行へ転換し、株式会社沖縄海邦銀行として業務開始
支店・支店事業所 営業店50店舗(内出張所2店舗)
ローンプラザ1店舗
相談プラザ 1店舗
グループ会社・子会社・
関連会社
かいぎんカード 株式会社
株式会社 海邦総研
主要取引先 県内企業
採用実績データ 2013年4月実績
 大卒14名/短大・専門卒5名/高卒1名/合計20名
2014年4月実績
 大卒13名/短大・専門卒5名/高卒2名/合計20名
2015年4月実績
 大卒16名/短大・専門卒7名/高卒1名/合計25名
2016年4月実績
 大卒54名/短大・専門卒5名/       合計59名
2017年4月実績
 大卒44名/短大・専門卒6名/高卒3名/合計53名
2018年4月実績
 大卒20名/短大・専門卒5名/高卒4名/合計29名
開催日 イベント名
夏期:『かいぎん』のインターンシップで銀行を知ろう!!

詳細を見る

『かいぎん』で銀行を知ろう!! インターンシップ

詳細を見る

山下 諒明(ヤマシタ リョウメイ)

山下 諒明(ヤマシタ リョウメイ) さん

部署・役職
安慶名支店・法人営業担当
出身学校
琉球大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

私は就職活動において『包み隠さず、きかざらず、ありのままの自分を知ってもらう』ということを念頭に行動しました。私自身の人間性(性格・長所・短所等)を銀行採用担当者に知ってもらい、海邦銀行の行員として通用するか(風土に合っているか)を判断してもらおうと考えたからです。就職活動のポイントは、企業規模等ではなく、自分自身がしっかり長く働ける環境(会社風土)かどうかを感じる事だと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

県内で三行銀行があるなか、私が海邦銀行に就職を決めた志望動機は『人』でした。企業説明会や業務内容説明等で『銀行業務はどこの銀行に就職しても同じ』であると感じ、就職するなら、自分に合った銀行にしようと決めました。様々な先輩銀行員と話をし、『話しやすい行員が多いな』『このような銀行員になりたいな』『一緒に働いてみたいな』と一番感じたのが海邦銀行でした。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

皆さんが一歩一歩踏み出している就職活動に、無駄なことなんて一つもありません。周りを見渡すとライバルばかりで不安になると思いますが『この会社に入社して、こんな事がしたい』という熱い気持ちがあれば、必ず企業側にも思いは伝わります。怖がらずにどんどん自分をアピールして下さい。必ず貴方という人材を必要としている企業があります。就職活動が成功するよう応援しています。

新垣 美那(アラカキ ミナ)

新垣 美那(アラカキ ミナ) さん

部署・役職
八重山支店・テラー担当
出身学校
名城大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

気になる企業には、積極的に何度も足を運び「顔」を覚えてもらうよう心がけました。また「自分としっかり向き合い、やりたい事は何なのか」を考えさせられたのが就職活動でした。業種を絞らず、たくさんの企業訪問を行ったと同時に、友人と企業情報を共有した事で、自分のやりたい職業に出会うことができました。就職活動での経験は、私の財産となり、現在の銀行業務にも生きていると実感しています。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

企業説明会等へ参加し、「一番働くビジョンを描けた」のが海邦銀行でした。また、入行前に支店訪問を行った際、周りのお客様への対応や、窓口行員の笑顔で支店は明るく和やかな雰囲気で包まれていた印象が強く残っており、私も海邦銀行の一員としてお客さまに接していきたいと思ったのが一番の決め手でした。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

学生の皆さんは、たくさんの企業を自分の目で確認でき、選べる選択肢があります。就職活動は自分の社会人人生を決める大きな岐路であり、悔いのないように納得がいくまで諦めずにやりつくして下さい。最後に皆さんの「思い」「未来」はかいぎんにあると信じています。是非かいぎんの社風を感じてみて下さい。あなたと共に働ける日を楽しみにしています。

平良 隆志(タイラ タカシ)

平良 隆志(タイラ タカシ) さん

部署・役職
宮古支店・法人営業担当

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

数多くいる周りのライバル学生の中で、いち早く企業の人事担当者に顔と名前を覚えてもらう事を、就職活動スタート時から意識し取組みました。例えば企業説明会等で気になる企業ブースでは、必ず一番前に座るよう心掛け、前日までに用意した質問事項と当日会場で気づいた点とを合わせて質問しました。就活の基本を繰り返すことで、企業をよく知る事へと繋がり、結果自分自身が就職したいと思える企業と出会うきっかけになりました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

生まれ育った「沖縄県の発展に貢献出来る仕事」がしたいと考え、経済活動を支えている銀行に興味を持ちました。かいぎんは経営理念である「地域密着」の取組みに力を入れており、中小企業との関わりが強い銀行である事が一番の魅力であり、中小企業の発展こそが、沖縄県の経済発展に寄与すると考え、かいぎんに就職を決めました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動は、様々な業種・企業との出会いで溢れています。だからこそ、まずは「自分を知る」自己分析が大切になると思います。本当にやりたい仕事は何なのか、就職活動を通しながら考え感じて下さい。最後に、皆さんが成長でき輝ける企業と巡り合うためにも、「今を一生懸命、がむしゃらに、そして前向きに」就活に全力でトライして下さい。