ザ・ホテリエ・グループ那覇株式会社 沖縄ハーバービューホテル

ザ・ホテリエ・グループ那覇株式会社 沖縄ハーバービューホテル

業 種
ホテル・旅行

当ホテルは、那覇の中心部に位置する、自然と文化が調和し、アーバンリゾートとしての上質なホスピタリティと、豊かな個性が共存するホテルです。

1975年の開業当初から、沖縄・観光・街・人を結び合う「笑顔の架け橋」を目指し努めてきました。2013年には、さらなるグローバル化に対応できるステージとして「ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー」に。

44年続く感謝をいしずえに、笑顔受け継ぐホテルとして、これからも人と人、人と街を結ぶコミュニケーションにふさわしい空間のご提供と、洗練された心を込めたおもてなしで、日本国内をはじめ世界の人々をお迎えいたします。

  • ザ・ホテリエ・グループ那覇株式会社 沖縄ハーバービューホテルの写真
  • ザ・ホテリエ・グループ那覇株式会社 沖縄ハーバービューホテルの写真
  • ザ・ホテリエ・グループ那覇株式会社 沖縄ハーバービューホテルの写真
  • ザ・ホテリエ・グループ那覇株式会社 沖縄ハーバービューホテルの写真
  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒900-0021 沖縄県那覇市泉崎2-46
地図
TEL 098-853-2111
FAX 098-835-9696
HP http://www.anacpokinawa.com
事業内容

ホテル運営・経営

設立年月 1975年06月
代表者名 総支配人 齊川 慶一
資本金 1,000万円
従業員数 214名
年間売上高 会社規定により非公開
沿革 【歴史】
1972年に沖縄が本土復帰、1975年の沖縄海洋博覧会を契機に那覇市に建築され、6月、「沖縄ハーバービューホテル」としてグランドオープンしました。

【風土の表現】
外壁には、沖縄の「土」を表現する表面反射を押さえたオーカーレッドの吹付け材を用い、当時には珍しく沖縄の魔除け「シーサー」を取り付けました。これは沖縄固有の文化への回帰を目指した建築表現です。

【継承と期待】
ハーバービューの名称は、「HARBOER VIEW CLUB(米国市民高級社交クラブ)」の跡地であったことに由来します。当時のクラブは、洗練とモダンの象徴でした。ハーバービューホテルはその雰囲気と機能を継承し、本土復帰後の沖縄を代表する都市ホテルとなることが期待されていました。

【社会奉仕活動】
開業3年目から始まった「チャリティーいけばな展」は、ホテルは敷居が高い、というイメージを払拭するためにも、文化活動を通して何か地元社会に貢献したいという思いからスタートしました。第40回となる昨年の来場者は2,002名、純益金は沖縄県アイバンク協会へ寄付いたしました。

【クラウンプラザへ】
2007年12月、沖縄ハーバービューホテルは、ANAホテルとクラウンプラザの共同ブランドホテルとして、「沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザ」へ。伝統と格式、ANAホテルが日本で築いた信頼とホスピタリティーを継承しながら、グローバルなホテルをめざしてスタートしました。

【新名称へ】
2013年2月、ANAホテルとクラウンプラザの両ブランド名を強調することでクラウンプラザの海外でのブランド力とANAグループ利用者への訴求力を一層高めるため、ホテル名を現在の「ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー」に変更、新たなスタートを切りました。
開催日 イベント名
ホテルの仕事を体験!夏期インターンシップ受付中!

詳細を見る

大城 亜香里(オオシロ アカリ)

大城 亜香里(オオシロ アカリ) さん

部署・役職
フロント
出身学校
沖縄キリスト教学院大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

自分の顔を覚えてもらえるよう意識しました。合同説明会も「1度聞いたからいいや」ではなく、話をできるきっかけを探して何度か足を運び、質問をしたり挨拶をしたりするようにしました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

元々観光業界に興味があり、合同企業説明会や会社説明会で話を聞くうちに、実際に働いている方々の人柄の良さに魅力を感じました。また、働きながらも学べる場が充実しており、自分自身の成長につなげることができると思い、入社を決めました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動をしていく中で不安や焦りを感じることもあると思いますが、自分は何がしたいのか、何を活かしていきたいのかを冷静に考え、軸をぶらさず自分自身のペースで頑張ってください!

安谷屋 洸樹(アダニヤ ヒロキ)

安谷屋 洸樹(アダニヤ ヒロキ) さん

部署・役職
客室管理
出身学校
インターナショナルリゾートカレッジ

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

日頃から、身だしなみや挨拶、行動など、基本的なことが当たり前にできるよう、意識していました。面接のスピーチは覚えれば誰でもうまく話せますが、身だしなみや挨拶などに日頃の癖が出て台無しにならないよう、まずは自分の癖を直すことを心がけていました。また、私は接客業への就職を決めていたので、英語を学習しておけば今よりもっと成長スピードが速かったのかなと感じています。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

空港関係の専門学校を卒業し、その後空港(グランドハンドリング)での就職を考えていましたが、やはりお客様と接する仕事がしてみたいと思い、当ホテルへ就職を決めました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動中は、日々緊張して「今後自分は本当に大丈夫なのか?」など不安でいっぱいだと思います。私も同じ気持ちでした。ですが、何事も挑戦しなくては新たなる一歩は踏み出せません。今、私が言えることは、「今は先を見るのではなく、目の前のことを一生懸命やることが大切だ」ということです。そして、まずはいろいろな情報に惑わされず、自分自身がやりたい仕事、興味のある仕事に挑戦してみてはどうでしょうか?

比嘉 晴菜(ヒガ ハルナ)

比嘉 晴菜(ヒガ ハルナ) さん

部署・役職
ロビーラウンジ
出身学校
浦添高等学校

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

言葉遣いや態度には気を付けました。面接の時などに自然で丁寧な受け答えができるように、学校の先生や年上の方と接する時は意識して話すようにしていました。就職活動はもっと早く始めておけば良かったと感じています。まだまだ先だろう、とのんびりしていたため、気が付くと早くから行動している人との差が明らかになっていて焦りました。早く決めることが必ずしも良いわけではありませんが、早くスタートすることで自分のやりたいことをじっくりと考えることができ、私のように焦って戸惑うことが少なくなると思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

高校生のときに接客のアルバイトをしていたこともあり、人を笑顔にできる仕事がしたいと考えていました。会社見学をした際に、従業員一人ひとりの笑顔と社内の明るい雰囲気に惹かれました。実際に入社してすぐの頃、先輩や他の部署のスタッフが明るくコミュニケーションを取って緊張をほぐしてくださり、楽しく仕事をすることができました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

やる気と明るい笑顔、「誰かのために何かしたい」という思いやりの心があれば楽しく働ける会社だと思います。就職活動中は周りを気にしたり、自信をなくしてしまうこともあるかもしれませんが、焦らずに自分に合う道をしっかりと決めてほしいです。頑張って下さい。