株式会社 琉球新報社

株式会社 琉球新報社

業 種
教育・出版・マスコミ

琉球新報社は創刊125年を迎えた新聞社です。
新聞社といえば、真っ先に「記者」をイメージするかもしれませんが、「営業」「イベント業」「総務・管理」など職種は多岐に渡ります。入社後、本人の希望を考慮した人事異動により、さまざまな職種を経験できることは琉球新報社の特徴の一つです。
「どんな仕事に就いたらいいか分からない」と思っている方は一度、琉球新報社のホームページ下部の「会社案内」https://ryukyushimpo.jp/pages/page-172.htmlへアクセスしてみてください。性別や年齢、職種にとらわれず、いきいきと働く社員が多いことに気づくはずです。
就職活動の際は琉球新報社も選択肢の一つに加えてみてくださいね!

  • 株式会社 琉球新報社の写真
  • 株式会社 琉球新報社の写真
  • 株式会社 琉球新報社の写真
  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒900-8525 沖縄県那覇市泉崎1-10-3
地図
TEL 098-865-5111
FAX 098-861-0100
HP http://ryukyushimpo.jp/
事業内容

・沖縄初の新聞「琉球新報」「琉球新報電子版」の発行
・小中学生新聞「りゅうPON!」の発行
・副読紙「週刊レキオ」「住宅情報紙 週刊かふう」の発行
・ウエブマガジン「新報Style」の運営
・会員組織「りゅうちゃんクラブ」の運営
・イベントの企画や運営

設立年月 1893年9月
代表者名 代表取締役社長 玻名城 泰山
資本金 192,322,500 円
従業員数 322人(2019年1月現在)
年間売上高 92億円(2017年3月実績)
沿革 1893年
沖縄初の新聞「琉球新報」が創刊

1937年
政府指導により沖縄朝日新聞、沖縄日報と統合して新たに「沖縄新報」を設立。沖縄戦中も発行を続ける

1945年
7月、「ウルマ新報」が発刊、後に「琉球新報」に改める

1979年
九州・沖縄地区初の超高速カラー・オフセット新聞印刷輪転機を設置

1983年
関連会社・(株)琉球新報開発を設立

1984年
沖縄県名護市に北部本社を設立。離島でも、夕刊の即日配達を実施

1985年
副読紙・「週刊レキオ」を発刊
第1回全日本トライアスロン宮古島大会を共催

1990年
「新報スポニチ」を発刊
「世界のウチナーンチュ大会」の「空手・古武道世界交流祭」を主催

1993年
創刊100年

1996年
琉球新報ホームページを開設

1999年
那覇市天久に制作センター完成

2002年
アメリカ・ワシントンDCに契約駐在記者を配置

2003年
グローバリゼーション・フォーラム開催。ゴルバチョフ元ソ連大統領ら日・米・露・中・韓の政治家、識者が那覇に集う

2005年
那覇市天久に天久社屋建設
天久社屋に琉球新報新聞博物館が開館

2009年
最後の夕刊を発行、55年の歴史に幕

2011年
新報小学生新聞「りゅうPON!」の発行開始

2013年
天久社屋ビル壁面に電光掲示板「りゅうちゃんボード」を設置

2015年
沖縄県とアメリカ・ハワイ州の姉妹都市締結30年を記念して、ハワイで移動編集局を開催

2018年
創刊125年
那覇市泉崎に新社屋完成
支店・支店事業所 ◆本社(那覇市)
◆中部支社(沖縄市)
◆北部支社(名護市)
◆宮古支局(宮古島市)
◆八重山支局(石垣市)
◆東京支社
◆大阪支社
◆福岡支社
◆ワシントン支局(アメリカ)
グループ会社・子会社・
関連会社
◆株式会社琉球新報開発
•住所: 〒900-0001 沖縄県那覇市港町2-16-1 琉球新報開発ビル7階
•電話: 098-865-5262

◆株式会社琉球新報発送
•住所: 〒900-0005 沖縄県那覇市天久905
•電話: 098-860-6779(代表)

◆株式会社キッズビレッジ
•住所: 〒901-0302 沖縄県糸満市潮平612-2
•電話: 098-851-8086
採用実績データ 2018年度8人(早稲田大1、名桜大1、琉球大4、長崎大1、筑波大1)
2017年度6人(琉球大2、東京大1、専修大1、同志社大1、立命館大1)
2016年度4人(東京外国語大1、琉球大1、同志社大1、沖縄国際大1)
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

喜屋武 研伍(キャン ケンゴ)

喜屋武 研伍(キャン ケンゴ) さん

部署・役職
編集局運動部・記者
出身学校
琉球大学 理学部 海洋自然科学科 生物系

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

面接で自分をつくりすぎないように気をつけました。志望動機などの基本的な質問は、ある程度回答シートをつくるのも重要です。しかし、2次面接、3次面接となってくると突拍子のない質問がくるので、アドリブ力といかないまでも、素の自分で答えられるようにしましょう。私はマスコミ1本に絞っていたので、試験の時期が早いものから全部受けて、場数を踏むようにしました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

合同説明会のときに、現役の記者の方がいらっしゃっていたのですが、会社の良いところはもちろん、悪いところも包み隠さず話してくれたのが印象的でした。他の会社では、良いところを全面的におして説明しますが(当たり前ですね)、琉球新報の方は業務内容について聞くと、「きついよ。でもやりがいはある」ときっぱり話してくれました。この人たちは信用できるなと思いました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

業種、職種を絞れない、絞れてもまた悩んだり、会社の理想像に合わせて背伸びしてみたりと、試行錯誤で心身共に追いやられて苦しい時期だと思います。しかし20何年間積み重ねたものはたった半年~1年じゃ変えられません。繕った自分は、人事の方はすぐ見抜きます。今の自分をしっかり見つめ返し、素の自分を出す努力をした方が良いと思います。苦しいと思いますが、終わった後のステーキを考えながら頑張りましょう!

仲松 里佳(ナカマツ リカ)

仲松 里佳(ナカマツ リカ) さん

部署・役職
営業局・事業開発部
出身学校
琉球大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

こうしておけばよかったこと
留学をしておけば良かったと思います。長期の旅行でも良いです。外から見た沖縄を知っておくことは大事だと思います。面接でも「2週間だけ台湾研修に行ったんです」と伝えると、急に面接官の反応が良くなった経験があります。外へ出ていろいろな体験をすること、そのための行動力は必要だと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

大学で日本語学を学んでいたことから言葉を扱う仕事に興味を持ち、大学3年の時に琉球新報社のインターンシップに参加しました。広告業界にも興味があったので営業コースに参加しましたが事業開発部の説明を聞いて、高校の生徒会活動の中で行事の運営に一番やりがいを感じていたことを思い出しました。自分の考えを反映させ、新聞にも関わりながら多くの方に喜んでいただける仕事ができるところに魅力を感じ、入社を希望しました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

明るく考えることを意識したほうがいいと思います。この会社に入社したら、こんな感じで働いているんだろうなと前向きに考えていると、面接でも自分がなぜこの会社に志望したのか、どのような働き方をしたいのかをスラスラ言えるようになりました。普段から明るく考える意識づけが大事だと思います。