有限会社 グリーンフィールド

有限会社 グリーンフィールド

業 種
製造
卸売・小売・流通

弊社は農家さんが大切に育てた野菜をカット、販売まで行っている食品製造会社です。

私たちは、カット野菜を通して「心」をお届けしたい。
そんな想いで日々仕事をしています。

夫婦共働きの家庭にほんの少しの時間を与えたい。

若い世代の食生活に少しばかりの健康のお手伝いがしたい。

お年寄りから子供たちまで笑顔が絶えない食卓を増やしたい。

直接口にするものだからこそ、品質、おいしさにこだわった安心で安全なものをお届けしたい。

わたしたちは、「やさいやくだものに情熱を、人々の心にゆとりと活力を」をサービステーマとして、輝くライフスタイルの創造に貢献していきたいと思っています。

  • 有限会社 グリーンフィールドの写真
  • 有限会社 グリーンフィールドの写真
  • 有限会社 グリーンフィールドの写真
  • 企業情報
  • 採用情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒900-0001 沖縄県那覇市港町4丁目2番地
地図
TEL 098-866-9009
FAX 098-866-9119
HP http://114.co.jp/
事業内容

農産物の生産、加工・販売

設立年月 2005年08月
代表者名 代表取締役社長 大城 正雄
資本金 17,350,000
従業員数 180名
年間売上高 1,120,000,000円
グループ会社・子会社・
関連会社
株式会社オリオン商事(浦添市)
有限会社沖縄ファーム(南城市)
農業組合法人サザンファーム
沖縄県農業協同組合(那覇市)
沖縄協同青果株式会社(浦添市)
有限会社イズミ農園(山梨県)
主要取引先 イオン琉球株式会社
イオントップバリュ株式会社
沖縄ファミリーマート株式会社
コープ沖縄
リウボウ
ケンタッキーフライドチキン
モスフードサービス
在沖米軍オーワックス
サブウェイ
採用実績データ 2016年4名 2017年1名 2018年2名
求める人物像 食品、野菜に興味ある方
工場の製造ラインに興味のある方
自分の夢を実現したい方
自己のスキルアップを常に求める方
募集職種 ■製造部(商品開発)
■メンテナンス
■営業部
■成長支援部(総務)
職務内容 ・総務部
社員が快適に業務が行えるよう環境を整え、無駄な出費やトラブルが発生しないようサポートを行い、会社を支える社員のために、社員を通して仕事をします。
新卒採用・人事、給与計算、教育、環境、手続き関係、個人情報管理など、それぞれ役割があります。キーワードは「社員」。全ては社員の為の部署になります。人とのかかわりが大きいので、コミュニケーションは必須です。個人情報など大切な書類を扱いますが、申請書や提出書類など、資料作成が多くあります。「エクセル・ワード・パワポ・アクセス」などのファイルをよく使用するので、スキルUP間違いなしです。
採用予定人数 5名
募集学部・学科 全学部・全学科
応募資格・条件 ・普通自動車運転免許(通勤の為)
・第一種衛生管理者資格(取得前提であれば可)

2020年3月に大学院、大学、短期大学、専門学校、高等学校を卒業(修了)見込みの方
※既卒の方も卒業後概ね3年以内の方も新卒採用への応募は可能です。
必要書類 履歴書(写真付)・卒業見込証明書を下記の宛先まで

担当者:人材育成部
電話番号:098-866-9009
メールアドレス:green_jinji@114.co.jp
沖縄県那覇市港町4-2
選考方法・選考基準 面接・筆記試験(小論文)
採用スケジュール エントリー
 ▼
書類選考(3月25日より開始致します。)
 ▼
一次選考(面接)
 ▼
二次選考(面接、小論文)
 ▼
内定のご通知
勤務地 本社
沖縄県那覇市港町4-2
給与 ■製造部(商品開発) 182,000円~
■メンテナンス 182,000円~
■営業部 192,000円~
■成長支援部(総務) 182,000円~
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回
8月、12月(※業績に応じて変動あり)
諸手当 家族手当・通勤手当・役職手当・時間外勤務手当・資格手当
休日・休暇 週2日休み
有給休暇・慶弔休暇・特別休暇・産前産後休暇・育児休暇
保険 雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金保険・財形貯蓄制度
福利厚生 財形貯蓄制度、制服支給、各種懇親会、社員旅行(ビジョン研修・リーダー研修)
教育研修制度/人事制度/各種制度 新入社員研修、社内勉強会、セミナー、ビジョン研修、リーダー研修
お問い合わせ連絡先
担当者 人材育成部
住所 901-0153 沖縄県那覇市港町4-2
地図
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

宮城 邑佳(ミヤギ ユウカ)

宮城 邑佳(ミヤギ ユウカ) さん

部署・役職
人材育成部
出身学校
沖縄国際大学 総合文化学部 社会文化学科

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

就職活動中は、特に姿勢や声、はきはき話すことを意識しました。面接中の姿勢や視線などは、自信があっても意外と出来ていないことが多いので、大学のキャリア支援課を利用して何度も練習しました。志望動機や自己PRなどは添削を重ねるごとに伝えたいポイントが絞られてくるので、履歴書に書いてある文をそのまま覚えるのではなく、順番が前後してしまってもうまく伝えられるようにすると自信がつきます。目を見てはっきり話すことが大事です。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

インターンシップを通して、雰囲気の良さを感じたのが決め手でした。
若手社員が活躍していることや、社員とパートさんの距離が近く、皆で協力しながら業務を進めている現場を見て、会社全体に家族のような温かさを感じました。一人暮らしや共働き家庭の方にもカット野菜なら安心・安全でなおかつ楽にお野菜を摂っていただけること、企業理念や経営理念にも他社とは違う温かみを感じたので入社を決めました。教育に投資を惜しまないところも魅力だと思います。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就活は、真剣に自分の過去を振り返る期間。本当にこれでいいのか、と悩むことや焦ることが多いと思いますが、人は人、自分は自分です。どのような働き方が自分に合っているのか、譲れないものは何か、自分の軸を固めることで見えてくるものがあります。スケジュールを管理しながら、息抜きをする時間を設けることも必要です。今は頑張って苦しい時期かもしれませんが、社会人はとても楽しいです!就活生の皆様が全力を出し切れますように。応援しています。

伊波  舞子(イハ マイコ)

伊波  舞子(イハ マイコ) さん

部署・役職
品質管理部
出身学校
琉球大学 農学部 亜熱帯生物資源科学科

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

就職活動中、気になった会社は機会があれば何度も説明会のブースに足を運ぶようにしていました。説明を聞くというより、その後の座談会や社員の方との交流を通して情報を得ること・顔を覚えてもらうことを目的としていました。最初のうちは大変でしたが、「こんな会社に入りたい」といった軸ができ、その後の会社選びが少し楽になりました。顔を覚えてもらうと面接のときも緊張が少し和らぐという点も自身にとってプラスになりました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

「入って最初の3年間は期待していない」と言われたのが印象に残っていたことです。言われた時は、えっ!?と思いましたが、1年目からいろんなことをやらせて失敗も経験させるという方針が自身の性格に合っていると思ったことが決め手となりました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動は人によってペースがばらばらなので周りと比べて焦ることもあると思います。私自身、周りが次々に内定をもらう中、決まらず不安なことも少なくありませんでした。それでも妥協せず時間をかけて選んだ会社であれば、入った後は結構何でもこなせるものだと最近気づきました(笑)どこの企業の方でも、仲良くなれば自社を受けるかどうかに関わらず親身になってくれるので手間を惜しまず頑張ってください!