オリオンビール 株式会社

オリオンビール 株式会社

業 種
製造

オリオンビールは2018年5月をもちまして、創業61周年を迎えました。県内の製造業として、地場産業の振興と地域社会へ貢献出来る企業を目指して事業に取り組んでいきます。

  • オリオンビール 株式会社の写真
  • オリオンビール 株式会社の写真
  • オリオンビール 株式会社の写真
  • オリオンビール 株式会社の写真
  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒901-2551 沖縄県浦添市字城間1985番地の1
地図
TEL 098-877-4793
FAX 098-878-7044
HP http://www.orionbeer.co.jp
事業内容

ビール類の製造、酒類(ビール類、ワイン、洋酒等)販売、清涼飲料の販売

設立年月 1957年05月
代表者名 代表取締役社長 與那嶺 清(よなみね きよし)
資本金 3億6千万円
従業員数 164名
年間売上高 262億9,300万円(2018年3月期)
沿革 オリオンビール(株)は、1957(昭和32年)に沖縄ビール(株)として設立。
1959(昭和34年)年5月からビールの製造販売を開始し、同時に社名をオリオンビール(株)に変更しました。
設立当時の県内市場は、本土及びアメリカを中心とした諸外国のビールが輸入されており、2年~3年の間はビール販売も伸びず苦しい状態が続きました。しかし、県産品愛用運動など県民の皆様からのご支援を背景に、全社を挙げての懸命な販売努力と、品質面においても、沖縄の気候、風土にマッチしたマイルドで口当たりのよいビールを開発し、売上げも好調に推移してまいりました。
一方、工場の生産能力も当初5,400klでありましたが、その後の販売量の拡大により工場の規模を拡張し、現在では年間生産能力72,000 klとなっています。当社は市場環境の変化に対応するため、2002(平成14年)年8月アサヒビール(株)と業務提携をしました。同年11月より当社主力商品である「オリオンドラフト」缶製品の沖縄県外(奄美群島を除く)での拡販をアサヒ社に託し、2003(平成15年)年5月には、アサヒ社の主力商品「アサヒスーパードライ」のライセンス製造・販売を開始致しました。
また、消費者の皆様の嗜好の多様化に対応するため、主力商品であるオリオンドラフトビールの他、麦職人、ゼロスター、サザンスター、スペシャルエックス、ゼロライフ、贅沢気分に加え、アサヒ社扱いの洋酒、ワイン、低アルコール類の取扱も開始することにより、ビール、発泡酒、新ジャンル(ビール類)にとどまらない幅広い総合的な酒類販売体制が整いました。
支店・支店事業所 本社(浦添市)、名護工場(名護市)、東京営業所(中央区八丁堀)、大阪営業所(大阪市西区江戸堀)、八重山営業所(石垣市)、宮古営業所(宮古島市)、台湾駐在事務所(台北市)
グループ会社・子会社・
関連会社
(株)ホテルオリオンモトブ
(株)ホテルロイヤルオリオン
オリオン嵐山ゴルフ倶楽部(株)
オリオンサポート(株)
主要取引先 南島酒販㈱、㈱許田商会、㈱タカダ、大和製罐㈱、レンゴー・リバーウッド・パッケージング㈱、㈱ざまみダンボール
※順不同
採用実績データ       2015年  2016年  2017年  2018年
--------------------------------------------------------------------------------
院了      -      -     2名     1名
大卒     5名     3名     5名     7名
高専卒     -     1名      -     1名
高卒     1名      -      -      -
開催日 イベント名
2018.12.28
春の短期集中型インターンシップ

詳細を見る

佐藤 守(サトウ マモル)

佐藤 守(サトウ マモル) さん

部署・役職
外販部 外販課
出身学校
名桜大学 国際学群 国際文化専攻

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

「この企業しか考えられない!」という偏った意識で就職活動をしていた時期がありました。しかし、一度面接練習中に教員から厳しく指導されたことがありました。今思えば当然なのですが、好きという理由だけ視野を制限してしまう人が、社会人になり、仕事に対して柔軟で視野の広い思考になるとは考えられません。会社は、1円でも多く利益を上げ、成長することが目的です。固まった考えを捨て、自分が採用されたらどう貢献できるか、今までの経験を活かして何ができるか柔軟に考えることを常に意識することが大事だと学びました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

自分が好きなビールをより多くの人に好きになってもらうこと。このこと以上に自分にとってやりがいを見出せる仕事は探しても他にないと思えたからです。オリオンビールは観光立県沖縄の№1ビール、そしてテーマソングもあれば日本最大規模のビール祭りも開催されます。これ程までに地域住民に愛されたブランドは探しても見つからないと思います。職員となりオリオンビールというブランド力を少しでも向上させるために働きたいと思い、入社をきめました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

色々な職種を自分の目で確認し、選択肢を広げることをお勧めします。最初の質問でもお答えしましたが、興味がないからといって視野を狭めることは非常にもったいないことだと学びました。インターンシップ、説明会やOB訪問など場数を踏み、その中で出会った企業、人や意見を踏まえ最終的な判断をしてほしいと思います。多い選択肢から選べるだけでなく、その積極的な姿勢が社会人になっても活きてくるはずです。また、最終的な合否の判断材料は、殆どの企業が面接だと思います。少しでも素の自分を見てもらうべく、面接に慣れる意味合いでも経験は大事だと思います。頑張ってください。

新垣 壱馬(アラカキ カズマ)

新垣 壱馬(アラカキ カズマ) さん

部署・役職
製造部 醸造課 醸造
出身学校
沖縄工業高等専門学校 専攻科 生物資源工学コース

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

就職活動中、特に面接試験では『丁寧な言葉遣い』を強く意識するようになりますが、緊張する場面でもなるべく自分の言葉で自分らしさが伝わるように意見を述べることを心がけました。自身の就職活動を振り返ると、堅苦しくない自分らしい言葉で望めた企業については、良い結果に繋がっていたように思います。緊張せず自分らしさを出すためにも、繰返しの練習は大切だと改めて感じました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

生まれ育った沖縄県内で働きたいと考えていた中、仕事選びの軸にしていた事は『お客様の笑顔や声を身近に感じられる製品に関わる仕事』でした。発酵が関わるビール造りの奥深さや面白さに興味を抱いていたことも一つの理由としてありますが、当社を選んだ一番の決め手となったのは、数ある飲料や酒類の中でも、ビールは友人との飲み会やオリオンビアフェストなど明るく楽しい場を演出してくれる特別なものだと感じ、そんなビール製造に携わってみたいと思った所です。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動は改めて自分のことを見つめ、振り返る良い機会になると思います。友人の就職活動状況を聞いて焦ったりするかもしれませんが、自分がどんなことをやりたいのか、どのように働きたいのかをじっくり考えて悔いのないよう取り組んでほしいです。悩むことがあれば、友達とオリオンビールを飲んで一度リフレッシュしてみるのもオススメですよ!(笑)

山本 太智(ヤマモト タイチ)

山本 太智(ヤマモト タイチ) さん

部署・役職
製造部 醸造課 醸造
出身学校
琉球大学 農学部 亜熱帯生物資源科学科

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

私は情報をできるだけたくさん集めることを意識して就職活動を行いました。自分が受けたい会社を早めに絞り込んでいた為、受けたい会社の情報をネットだけでなく、足を使っていろんな場所から集めて回りました。ネットが普及しているので、その情報だけに頼りがちですが、実際に働いている人から直接聞いた話が一番タメになると思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

私は学生時代から製造関係の仕事への就職を希望しており、製造業中心に就職活動を行っていました。この会社を選んだ決め手は、自分の作ったビールで人々を笑顔にしたいと思ったからです。それが生まれ育った沖縄への貢献につながると考え、この会社を今以上に発展させたいと考え入社を決めました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動はとても大変だと思います。私もすごく苦労しました。何が正解なのか分からない不安や終わりが見えない焦りなどで押しつぶされそうになることもあると思います。不安になったら、まずは何か行動してみましょう。意味のないように思えることでも、これからの人生できっと何かの役に立つはずです。就活頑張ってください。