沖縄電力 株式会社

沖縄電力 株式会社

業 種
電気・ガス・エネルギー

「照らすのは、人。」
わたしたちが作っているのは、沖縄の隅々までを照らす、あたたかな灯り。
そして、照らす灯りがあるからこそ、輝く。
その灯りを絶やさないことが、わたしたちの未来への約束です。

  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒901-2602 沖縄県浦添市牧港5-2-1
地図
TEL 098-877-2341
FAX 098-877-6017
HP http://www.okiden.co.jp/
事業内容

総合エネルギー事業(沖縄県全域への電気の供給およびガス供給事業)

設立年月 1972年05月
代表者名 代表取締役社長 大嶺 滿
資本金 75億86百万円
従業員数 1605名
年間売上高 1,723億40百万円 ※2017年3月期
沿革 1972年5月琉球電力公社の業務を引き継ぎ、政府および沖縄県の出資する特殊法人として設立
1976年4月配電会社5社を吸収合併し、発送配電の一貫供給体制を確立
1988年10月民営化
1994年3月当社初の石炭火力発電所、具志川火力発電所の運転開始
2000年3月電気事業連合会へ正式加盟
2002年2月東京証券取引市場第一部上場
2009年12月国内初、波照間島に可倒式風力発電設備を導入
2012年11月吉の浦火力発電所(LNG)の運転開始
2015年5月ガス供給事業の開始
支店・支店事業所 本店/沖縄県浦添市
支社/東京都港区
支店/沖縄県那覇市、 浦添市、うるま市、名護市、宮古島市、石垣市
営業所/沖縄県与那原町
発電所/沖縄県浦添市、うるま市、金武町、中城村
その他/離島電業所(8カ所)
グループ会社・子会社・
関連会社
㈱沖電工、沖電企業㈱、沖縄プラント工業㈱など
http://www.okiden.co.jp/group/index.html
採用実績データ 【採用者数】※直近3年間
2017年度:17人
2016年度:17人
2015年度:18人
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

八幡 裕人(ハチマン ユウト)

八幡 裕人(ハチマン ユウト) さん

部署・役職
送配電本部 電力流通部 給電指令所 系統運用グループ
出身学校
琉球大学大学院 理工学研究科 電気電子工学専攻

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

A1、「第一印象が100%」だと意識し、身なりや言葉遣いをはじめ、基本的マナーを日常以上に気を付けました。また、説明会などに参加する際には、ある程度その会社や業界について下調べを行うようにしていました。就職活動を振り返ってみると、就職活動について友人とあまり話をしていなかったと感じるので、もう少し友人と話をする時間を作っておけば客観的な意見・フィードバックや情報が得られていたかもしれないと感じます。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

A2、私の出身地である沖縄の発展に貢献したいという強い気持ちが一番の決め手です。小さな頃から電気が好きで、高校生の頃から電気・機械系の仕事をするイメージを持っていました。大学の専門知識を活かし、沖縄の未来づくりに貢献できる現在の職場に魅力を感じました。最終的には、選考活動でお会いした人事の方々や働いている方々とのお話を通して、地元を大切にする会社、人を大切にする会社だと感じ、意思が固まりました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

A3、就職活動中は、特定の企業だけでなく、同業他社、異業種まで幅を広げて企業研究することで、自分の固定概念から離れ、客観的に私と企業について考えることが出来ました。自分を活かせる場はどこか、やりたいことは何かを考えた上で、どうしたら上手く私の考えを伝えられるか、OB・OG、家族、友人、先生、就職アドバイザーと話をしました。そうすることで、自分に自信が付き、気持ちを伝えることができたと思います。インターネットで調べるだけでも多くの情報を得られますが、直接会って話をすることで、さらに多くの学び・気づきがあります。私の経験談が少しでもお役に立てれば幸いです。就職活動、頑張ってください。

久高 ちなみ(クダカ チナミ)

久高 ちなみ(クダカ チナミ) さん

部署・役職
名護支店営業サービスグループ
出身学校
沖縄キリスト教学院大学 人文学部

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

私が就職活動中に意識したことは正直さです。合同企業説明会や面接ではたくさんの学生がいて自分もその中で負けないようについつい他の学生を意識して真似してしまいそうになると思います。私も実際経験しましたが、ほかの学生と同じだと本当の自分をアピールできないことに気づき、とにかく自分らしく正直に就職活動を行うようにしました。それからはとても充実した就職活動を行うことができたと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

この会社を選んだ決め手は大学3年の時にインターンシップに参加したことです。実際に支店の雰囲気や先輩方の働く姿を間近で見て、この会社で働きたいと思い会社説明会などに参加しました。説明会に参加して当社で働く先輩方の話を聞けば聞くほどやっぱりここで働きたいという思いが強くなりました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動は大変で疲れることがたくさんあると思いますが、こんなに多くの企業を見て、実際に働いている方々と話せる機会も就職活動でしか経験できません。私自身もたくさんの企業を知り、そこで働く方々の仕事に対する意識を学ぶことができ、今でもすごく貴重な経験だったと思いますし、とても楽しかったです。今しかできないからこそ悔いのないように、就職活動を楽しみながら頑張ってください。

平田 佳大(ヒラタ ケイダイ)

平田 佳大(ヒラタ ケイダイ) さん

部署・役職
総務部 人財グループ
出身学校
琉球大学 観光産業科学部

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

それぞれの企業が持つ雰囲気やそこで働く方々の魅力などを肌で感じ取るため、企業の方とできる限り直接お話をすることを意識していました。説明会に足を運び、社員の方々と直接話すことで、採用HP やパンフレットでは気が付けなかった魅力や特徴に気が付くことができました。あとは、短期集中の就職活動で心身ともに疲弊しないよう、友人と飲みに行くなど適度な息抜きも心がけていました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

「ヒト」の魅力です。説明会に参加したときに、座談会などでお話しさせてもらった社員の方々がとても魅力的だったことが決め手になりました。なにより、その社員の方々がご自身の業務について楽しそうにお話ししてくださったことが強く印象に残っています。実際に入社してみて、仕事の面ではもちろん、プライベートでも活動的な方が多いと感じており、毎日刺激を受けています。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動は、短期間でたくさんの企業を知ることができる絶好の機会なので、楽しまないともったいないと感じました。ついつい周りと自分を比べてしまい焦るときもあるかもしれませんが、自分のやりたいことや価値観と向き合い、自分のペースで就職活動を行うことができれば、必ず納得できる結果に繋がると思います。