株式会社 創和ビジネス・マシンズ

株式会社 創和ビジネス・マシンズ

業 種
IT・情報通信

創和ビジネス・マシンズは1978年に沖縄県で設立し40年間地域貢献をめざし企業活動を続けている会社です。

企業は時代の変化を敏感に対応していかなければ存続出来ません。
プライバシーマーク認定取得・CMMIレベル3(能力成熟度モデル統合)認証取得など製品の品質や生産性の向上を目指し積極的に対応してきました。2005年には東京事業所を開設し、沖縄で培った業務ノウハウ・技術スキルを首都圏へと拡大しております。

『創る人をつくる』をモットーに社員教育に力を入れ、IT企業で働く技術者に必要な「基本情報技術者」はシステムエンジニアの9割以上が取得しており、「応用情報技術者」「データベーススペシャリスト」などを含む上位資格へのスキルアップの為にe-ラーニングを開催、開発言語の必須スキルである「JAVA認定資格者(Silver、Gold)」も多数おり、スキルアップの向上、経験を積むことによってキャリアアップを実現しています。

研修費用・受検費用も会社が負担、報奨金制度・資格手当も充実させています。
4月からの半年間は延べ920時間の新人研修を実施、外部講師によるシステム設計・Java言語研修、日商簿記、TOEICなど充実した内容が自慢です。

  • 株式会社 創和ビジネス・マシンズの写真
  • 株式会社 創和ビジネス・マシンズの写真
  • 株式会社 創和ビジネス・マシンズの写真
  • 株式会社 創和ビジネス・マシンズの写真
  • 企業情報
  • 採用情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒900-0021 沖縄県那覇市泉崎2丁目23番2号
地図
TEL 098-855-5550
HP http://www.sbm.jp
事業内容

■システムインテグレーション事業 
■アプリケーションシステム設計・開発
■システムコンサルテイング
■ハードウェア及びソフトウェア保守管理業務
■各種OA機器の販売
■上記に付帯する業務  

設立年月 昭和53年8月1日
代表者名 代表取締役社長 山田 義見
資本金 4,800万円
従業員数 136名(平成31年1月1日現在)
年間売上高 14億0100万円【平成30年度実績】
沿革 昭和53年 8月 株式会社 創和リースとして資本金 4,800万円で設立し、沖縄県那覇市二中前にて営業開始。
昭和55年 5月 システム開発業務を開始。
昭和57年 3月 株式会社 創和ビジネス・マシンズに社名変更。
昭和57年 4月 日本アイ・ビー・エム株式会社の特約店となり、コンピュータ販売業務を開始。
平成 8年 5月  本社社屋落成 (二中前)
平成17年 5月 東京事業所開設 (千駄ヶ谷)
平成20年 5月 プライバシーマーク認定取得。  第10822912(01)号
平成21年11月 東京事業所移転 (江東区深川)
平成24年 3月 CMMIレベル3(能力成熟度モデル統合)米カーネギメロン大学より認証取得。
平成30年 1月 「CMMIレベル3(能力成熟度モデル統合)」認証更新
平成30年 5月 プライバシーマーク認定更新(第10822912(06)号)
平成31年 1月 セキュリティ認定(ISMS)を取得 
支店・支店事業所 沖縄本社・東京事業所
グループ会社・子会社・
関連会社
株式会社 那覇データ・センター
株式会社 エヌ・テック・システムズ
岸本不動産 合資会社(岸本情報システム)
主要取引先 沖縄県庁
各地方自治体(市町村役場)
各民間企業
各病院・クリニック
採用実績データ 2019年 2名採用
2018年 8名採用
2017年 8名採用
2016年 12名採用
2015年 5名採用
求める人物像 ・新しい情報を取り入れる事が出来る勤勉な人材
・明朗活発で、柔軟な考えができる人材
募集職種 ○システムエンジニア
○セールスエンジニア
○カスタマーエンジニア
○総務職
※上述全て正社員採用予定
職務内容 ○システムエンジニア
 コンサルティング及び設計業務
○セールスエンジニア
 システム提案及びコンサルティング
○カスタマーエンジニア
 ハードウェア保守及びコピー機メンテナンス
○総務職
 経理・労務・人事・庶務
採用予定人数 ○システムエンジニア
 15名
○セールスエンジニア
 若干名
○カスタマーエンジニア
 若干名
○総務職
 若干名
募集学部・学科 ○システムエンジニア
 学部、学科問わず
○セールスエンジニア
 学部、学科問わず
○カスタマーエンジニア
 機械・電子・電気等 工学系
○総務職
 学部、学科問わず ※「日商簿記検定2級」以上、または同等の知識のある方に限らさせていただきます。
応募期間 平成31年3月1日より募集人員の内定決定まで。

【第一次採用試験】
2019年9月20日 15:30-17:30
応募資格・条件 学部・学科不問
必要書類 1.履歴書(写真付)
2.成績証明書
3.卒業見込証明書
4.健康診断書
応募方法 1.弊社HPよりエントリー
2.就活サイトよりエントリー(りゅうナビ、Jooナビ、マイナビ)
3.電話応募(総務部 098-853-6146)
選考方法・選考基準 ○一次試験 1.適正検査 2.小論文
○二次試験 1.面接(一次試験合格者に別途通知)
採用スケジュール 採用試験の日程は、ホームページまたは就活サイトでご確認ください。
勤務地 沖縄県、県外
勤務時間帯 月曜日~金曜日 9:00~18:00
給与 ○大学院卒業
 月給189,000円
○大学卒業
 月給181,000円
○工業高等専門学校
 高専5年生卒業 月給165,000円
 高専専攻科卒業 月給181,000円
○短期大学卒業
 月給162,000円
○専門学校卒業
 月給162,000~171,000円(2年、3年卒業による)
昇給 年1回
賞与 年2回(8月、12月)
諸手当 ○通勤費 :定期券100%、上限あり
○残業手当:本採用後支給
○資格手当:各資格に応じて5,000~8,000円、本採用後支給
休日・休暇 完全週休2日制、祝日、年末年始休暇、夏休み制度有
保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
福利厚生 ○勤労者財産形成貯蓄制度
○互助会
教育研修制度/人事制度/各種制度 ○新人研修(平成31年4月3日 ~ 9月30日)
IT基礎研修、JAVA言語研修、日商簿記3級研修、TOEIC研修、英会話研修
○イーラーニングによる資格取得研修
○集合研修による資格取得研修
○幹部候補生育成研修
○その他 適宜必要な研修
お問い合わせ連絡先
担当者 総務部 採用担当
住所 900-0021 沖縄県那覇市泉崎二丁目23番2号(泉崎りうぼう2F)

青少年雇用情報

過去3年事業年度の 新卒採用者数・離職者数 新卒採用者数 
・2017年度[8]名
・2018年度[8]名
・2019年度[2]名
離職者数    
・2017年度[0]名
・2018年度[0]名
・2019年度[0]名
入社半年間の新人研修、入社後1年間の残業ゼロ活動により新人の退職は極めて稀です。
過去3年事業年度の 新卒採用者の男女別人数 男性
・2017年度[8]名
・2018年度[8]名
・2019年度[2]名
女性
・2017年度[0]名 
・2018年度[0]名
・2019年度[0]名
平均勤続年数 平均[11]年
平均年齢 従業員の平均年齢[34.6]歳 
研修 研修の有無[有]
内容:新人(IT研修、Java言語研修、日商簿記3級、TOEIC研修)、既存職員(上位スペシャリスト研修)
学生へPRコメント:IT企業は人が全てです。積極的に人材育成を行っています。
自己啓発支援の内容 自己啓発支援の有無[有]
内容:資格取得に対するイーラーニング等の研修を積極的に実施しています。
学生へPRコメント:研修に対する助成、合格時の報奨金、給与での資格手当等が充実しています。
メンター制度の内容 メンター制度の有無[無]
学生へPRコメント:メンター制度はありませんが、実質先輩の助言・指導が業務として実施されています。
キャリアコンサルティング制度の内容 キャリアコンサルティング制度の有無[有]
内容: 毎年度 キャリア等に関する面談を実施、資格取得等の支援を計画。昇進昇格に対するキャリア等の実績を考慮。
月平均所定外労働時間 月平均所定外労働時間[約15]時間 
学生へPRコメント:全社で残業時間の軽減に具体的に取り組んでいます。
有給休暇の平均取得日数 平均取得日数[13.4]日 
学生へPRコメント:夏休み制度を含め、休暇取得には積極的に実施しています。
育児休暇取得対象者・ 取得数 女性[1名/1名]
男性[0名/0名] 
開催日 イベント名
2019.05.10
【5/10】SBM会社訪問及び説明会を実施します!

詳細を見る

2019.05.24
【5/24】SBM会社訪問及び説明会を実施します!

詳細を見る

2019.05.24
第一次採用試験

詳細を見る

2019.07.05
SBM会社訪問・説明会

詳細を見る

2019.07.19
SBM会社訪問・説明会

詳細を見る

2019.09.06
【9/6】SBM会社訪問・説明会

詳細を見る

2019.09.20
【9/20】SBM会社訪問・説明会

詳細を見る

2019.09.20
第一次採用試験

詳細を見る

梅田龍亮(ウメダリョウスケ) さん

部署・役職
イノベーション事業部
出身学校
国立大学法人琉球大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

私が、就職活動で重視した点は、技術が身に付けられるかという点でした。
IT業界に飛び込むことで、プログラミングをはじめとする情報技術を身に付けられると考えました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

研修制度が非常に手厚い点が決め手でした。
入社後の6か月に亘って行われた新人研修では、基礎的な技術をしっかり学ぶことができました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職の条件に何を求めるかは人それぞれです。
周りに惑わされず、自分を信じて頑張ってください。