東京海上日動火災保険 株式会社

東京海上日動火災保険 株式会社

業 種
金融・保険・証券

「世界中に、使命がある。」
 Make a Good Company, Create a New History

東京海上日動は、1879年の創業以来、リーディングカンパニーとして世界中の「挑戦」を実現してきました。私たちのミッションは、国や産業、人々が挑戦できる仕組みを提供し、その挑戦の成功を通じてより良い社会を創造すること。日本経済の発展を目的として誕生した当社の挑戦は、今では「新興国・途上国の発展」「産業のイノベーション創出」「企業の海外進出」「地域社会の活性化」といった、世界中の難題・課題の解決にまでその領域を拡げています。
今後一層複雑・多様化する社会において、最高峰のリスクコンサルティング力を有し、グローバルに「インフラビジネス」を拡大し続ける「TOKIO MARINE」の存在意義は益々高まりを見せています。
「挑戦のDNA」を有した活力あふれる主体的な人材と組織を原動力に、世界中の「使命」に応え続けること。そして、世のため人のために存在し、100年先も世界中から信頼され必要とされる「Good Company」を創ることが私たちのビジョンです。

  • 東京海上日動火災保険 株式会社の写真
  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒100-8050 東京都千代田区丸の内1-2-1
地図
TEL 03-3212-6211(代表)
HP http://www.saiyou.tokiomarine-nichido.co.jp/
事業内容

損害保険業

設立年月 1879年08月
代表者名 北沢利文(きたざわ としふみ)
資本金 1,019億円(2016年3月31日現在)
従業員数 17148名
年間売上高 売上高 正味収入保険料(2016年度)2兆1,161億円(2,116,121百万円)
沿革 1879年
日本最初の損害保険会社として創業
上海、香港、釜山で営業開始

1880年
ロンドン、パリ、ニューヨークで営業開始

1924年
関東大震災の被災契約者に震災見舞金の自力支払いを開始

1976年
ニューヨークにトウキョウ・マリン・マネジメント(TMM)を設立

1990年
ロンドンにトウキョウ・マリン・ヨーロッパ(TME)を設立

2002年
「超保険」発売開始
持株会社「(株)ミレアホールディングス」を設立

2004年
東京海上と日動火災が合併し、東京海上日動火災保険(株)となる

2005年
自動車保険「トータルアシスト」発売開始
日本の損害保険会社として初めての中国現地損害保険会社への出資

2006年
外国資本による元受会社への直接出資としては初めてのマレーシアにおける元受タカフル事業免許取得

2008年
英国ロイズ「キルン社」を買収
持株会社の商号を「東京海上ホールディングス(株)」に変更
米国損害保険グループ「フィラデルフィア・コンソリデイティッド社」を買収

2012年
米国生損保兼営グループ「デルファイ・ファイナンシャル・グループ社」を買収

2015年
米国スペシャリティ保険グループ「HCCインシュアランス・ホールディングス社」を買収
支店・支店事業所 本店/東京
国内営業網/北海道、東北、関東・甲信越、東海・北陸、
関西、中国・四国、九州・沖縄等国内124部支店(2016年4月1日現在)
採用実績データ 2017年卒 約700名(予定)
2016年卒 757名
2015年卒 636名
2014年卒 437名
2013年卒 526名
2012年卒 461名
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

安村 映美(ヤスムラ エミ)

安村 映美(ヤスムラ エミ) さん

部署・役職
損害サービス課
出身学校
琉球大学 法文学部 国際言語文化学科 英語文化専攻

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

私が気を付けたことは、「自分らしさ」を表現することです。自己分析では今までの人生の出来事において自分が何を感じどう行動したのかを思い返し、じっくりと自分を見つめ直しました。面接ではいかに自分を知ってもらうことができるかということに重点を置き、自分の言葉で表現し、気持ちを乗せて話すように意識しました。後悔していることは、インターンシップへの参加やOB・OG訪問を積極的に行えば良かったということです。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

この会社を選んだ「決め手」は、やりがいのある仕事であることと、長く働くことのできる環境であることです。当社は事故や災害で困っている多くの方々に金銭的には勿論のこと、担当者の対応力次第で精神的にも安心をお届けすることのできる、とてもやりがいのある仕事です。また、当社の社員は家庭と仕事を両立されている方も多く、女性が長く働くことのできる環境が整っています。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動中は思い悩むことも多いと思いますが、決して周りの人と自分を比べて落ち込まないでください。人に優劣というものは存在せず、それぞれ違った個性があります。必ず皆さんの個性を発揮することのできる会社が存在すると思います。就職活動はこの先何十年も働く会社との出会いの場ですので、皆さんが自分のアピールポイントを最大限に引き出し、悔いのない就職活動をできることを願っています。

砂川 星亜(スナガワ セイア)

砂川 星亜(スナガワ セイア) さん

部署・役職
営業
出身学校
琉球大学 法文学部 人間科学科 人間行動専攻 心理学コース

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

私は自己分析で自分の長所・短所を見つめなおすことに加え、今までの経験で得られたこと、成長できたことを洗い直し、そこから私だけにアピールできる強いエピソードを探し掘り下げていくことに力を入れました。
こうしておけば良かったと思うことは、もっと積極的にOB・OG訪問やインターンシップへ参加し、企業研究に力を入れることです。これから入社する会社を知ることは、内定を頂くだけではなく今後働く上で重要だと感じました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

新しいことにどんどんチャレンジさせてくれる環境はもちろんですが、それを周囲の人が快くサポートしてくれる雰囲気があるところです。
また、福利厚生がしっかりしており、結婚後は男性でも女性でも仕事と家事・育児が両立できる環境が整っているところです。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動をしているみなさん、本当にお疲れ様です。プレッシャーやストレスの多い環境の元生活するのは心身ともに疲れてしまうことも多いかと思います。
そんな時は就活をする前の自分、勉強したての時の自分、昨日の自分よりもこんなに成長したぞ!すごいぞ!と自分を褒めてあげましょう。内定を頂くことがゴールではないので、自分に合った就職先が見つかることを祈っております。応援しています!