株式会社 島袋

株式会社 島袋

業 種
商社
卸売・小売・流通
その他

株式会社島袋は昭和26年に沖縄で創業して以来、
一貫して金物・工具の卸、販売を行ってきました。

沖縄の卸としてトップのシェアを築きつつ、
関西では「シマコーポレーション」として
専門店・プロショップを展開しています。

県内最大の取扱点数・お取引規模を持つ島袋ですが、
他社では真似できない最大の特徴があります。
それは、長年地域で信頼と実績を得ることで培ってきた
スタッフ一人ひとりの豊富な知識と経験、きめ細やかなサービスの心です。

私たちの知識・経験を受け継ぎ、今後の「島袋」を支える人財を探しています。

  • 株式会社 島袋の写真
  • 株式会社 島袋の写真
  • 株式会社 島袋の写真
  • 企業情報
  • 採用情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒901-2131 沖縄県浦添市牧港5-7-1
地図
TEL 098-878-1118
FAX 098-879-5701
HP http://www.simabukuro.co.jp/index.jsp
事業内容

金物・工具の卸販売(沖縄県内)
金物・工具の小売店「シマコーポレーション」(関西10店舗)

設立年月 1971年12月
代表者名 代表取締役社長 島袋 盛市郎
資本金 4,880万円
従業員数 202名(正社員数)
年間売上高 売上115億(2018年3月)
沿革 1951年
那覇市与儀に島袋金物店創業
創業者 島袋盛山

1971年
金物と工具の問屋 島袋金物株式会社に資本金4,880万円にて組織変更。 代表取締役社長 島袋盛山 就任

1978年
浦添市牧港(本社)に移転

1979年
仮設資材・ペンキ関連を分社独立しタイガー産業株式会社を設立

1983年
代表取締役社長 島袋盛仁 就任
海外メーカーとの取引開始

1990年
株式会社島袋に社名変更

1995年
金物と工具の店 シマコーポレーション門真店を開設

1996年
金物と工具の店 シマコーポレーション茨木店を開設

1999年
金物と工具の店 シマコーポレーション中環・八尾店を開設

2000年
金物と工具の店 シマコーポレーション守口店(本部)を開設

2002年
金物と工具の店 シマコーポレーション豊中店を開設

2003年
金物と工具の店 シマコーポレーション京都伏見店を開設

2005年
代表取締役社長 島袋盛市郎 就任
金物と工具の店 シマコーポレーション尼崎店を開設

2010年
金物と工具の店 シマコーポレーション高槻店を開設

2013年
金物と工具の店 シマコーポレーション宇治店を開設

2016年
金物と工具の店 シマコーポレーション京都右京店を開設
支店・支店事業所 【シマコーポレーション(関西圏に出店中)】
■門真店/大阪府門真市島頭3丁目10-14
■茨木店/大阪府茨木市高浜町3-9
■中環・八尾店/大阪府八尾市新家町4丁目34-1
■守口店/大阪府守口市金田町2丁目3-12
■豊中店/大阪府豊中市名神口1丁目15-5
■京都伏見店/京都府京都市伏見区深草西浦町1丁目16
■尼崎店/兵庫県尼崎市西長洲町2丁目1-40
■高槻店/大阪府高槻市緑町18-16
■宇治店/京都府宇治市開町2-2
■京都右京店/京都府京都市右京区西院西田町101
グループ会社・子会社・
関連会社
関連会社:タイガー産業株式会社
採用実績データ 琉球大学、沖縄大学、沖縄国際大学、名桜大学、帝塚山大学、岐阜経済大学、法政大学、宮崎産業経営大学、摂南大学
求める人物像 1 うそを言わない人
2 周りと協調して仕事ができる人
3 しっかり雑務をこなせる人

島袋は即戦力を求めません。なぜなら扱うアイテム数が多い為、お客様へ商品の説明ができるようになるのは時間がかかるからです。
島袋はコツコツと努力できる方が向いていると思います。
募集職種 ■営業職(沖縄県内)
沖縄県内の金物店やホームセンターなど既存の取引先への商品案内

※飛び込み営業ではなく既存のお客様のもとへお伺いします。

建設現場で必要とされる工具や資材を提案する業務です。
直接、現場にアプローチするのではなく、
現場にに商品を納めている金物店やホームセンターなど
既存の取引先への案内がお仕事です。
入社後2~3年は取扱商品や仕事の流れを覚えるために、
先輩のサポート業務や内勤業務が中心になります。

■販売職(大阪・京都・兵庫)
関西エリアに10店舗を展開している小売店
「シマコーポレーション」での接客・販売
 
主に・・・
□来店されたお客様への接客
□レジ業務
□担当部門の売場管理
□商品の発注・検品・品出し
□請求書・在庫管理
採用予定人数 20
募集学部・学科 全学部全学科
必要書類 履歴書・成績証明書・卒業見込証明書・健康診断書
応募方法 当社HPからエントリーをお願いします。

http://www.simabukuro.co.jp/detail.jsp?id=51494&menuid=11052&funcid=1
選考方法・選考基準 1.【会社説明会に参加】
沖縄県で営業職希望の方も、関西で販売職希望の方も
会社説明会にお越しください。内容はどの回も同じです。

2.【選考(面接)に参加】
説明会参加者のうち、選考参加希望者を順に面接していきます。
面接1回目(履歴書持参) → 面接2回目 → 内定
勤務地 ■営業職 本社(沖縄県浦添市牧港)
■販売職 大阪・京都・兵庫(10店舗)
勤務時間帯 ■営業職
8:30~17:30

■販売職
6:30~20:00の間で早番・遅番のシフト交替制(実働8時間)
給与 ■営業職(沖縄県内) 月給178,000円
■販売職(関西勤務) 月給223,000円
昇給 年1回
賞与 年2回(+業績に応じて決算賞与)
諸手当 ◇地域手当(関西勤務のみ:1万円~2万円)
◇通勤手当(上限2万円)
◇家族手当
◇残業手当
◇住宅手当
◇役職手当
休日・休暇 ■営業職
第2,4土曜、日曜、祝祭日

■販売職
月7日(休日交替制)

両職種ともに、夏季・年末年始・有給・慶弔休暇(年間休日106日)
保険 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
教育研修制度/人事制度/各種制度 入社1年内で、2泊3日×3回の東京での研修あり(社会人としてのあり方を学ぶ研修)
お問い合わせ連絡先 担当者:本社企画課:田仲隆宏 TEL:080-6498-7173
電話番号:098-878-1118(本社)
沖縄県浦添市牧港5-7-1
地図

青少年雇用情報

過去3年事業年度の 新卒採用者数・離職者数 2018年度
採用9人     離職者0人
2017年度
採用8人     離職者0人
2016年度
採用2人     離職者0人


参考:2019年度採用予定20人
過去3年事業年度の 新卒採用者の男女別人数 2018年度 採用9人(男7人、女2人)
2017年度 採用8人(男7人、女1人)
2016年度 採用2人(男2人、女0人)

参考:2019年度 採用予定20人
平均勤続年数 11.7年
平均年齢 36.4歳
研修 入社1年内で、2泊3日×3回の東京での研修あり
(社会人としてのあり方を学ぶ研修)
月平均所定外労働時間 20時間(2017年度実績)
有給休暇の平均取得日数 6日(2017年度実績)
育児休暇取得対象者・ 取得数 2017年度  2名
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

宮國 月美(ミヤグニ ツキミ)

宮國 月美(ミヤグニ ツキミ) さん

部署・役職
営業3課 営業補佐
出身学校
琉球大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

私が就職活動中で意識したことは、自分の職業の選択肢を狭めないように就職活動を行うことです。そのために、業種を問わずインターンシップに参加したり、合同企業説明にも多く足を運びました。自分の職業選択の幅を広げることで思ってもいなかった企業が運命の出会いにつながるかもしれないので、最初から業界を決めずに就職活動を行うことを私はお勧めします。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

一番の決め手は「人が良い」という点です。就職活動中は多くの合同企業説明会や企業説明会に参加しましたが、島袋の企業説明会・会社見学に参加した際、社員同士が年齢などを気にせず冗談を言い合い、和気あいあいとした雰囲気で働いているのを見て私もここで働きたいと思いました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動をするうえで「これだけは絶対に譲れない!」という軸を持って就職活動をしてください!自分なりの軸を持つことで会社選びをする時や履歴書・ESを書く際にもぶれることなく進めることができます。就職活動は長く自分が納得いくまで行って悔いのないようにしてください!みなさん頑張ってください。

大城 貴洋(オオシロ タカヒロ)

大城 貴洋(オオシロ タカヒロ) さん

部署・役職
1課第1 配送
出身学校
岐阜経済大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

就職活動を始めた頃は、給与の良い会社を重点的に探していました。
しかし、会社訪問や先輩方の話を聞いて、給与だけではなく休日や働きやすさにも重点を置くようになり視野が広がりました。
その経験から周りの意見を参考にするということを意識しながら就職活動をしました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

まず、離職率がとても低かった事に驚きました。その事から職場の雰囲気や給与に満足できると思い島袋へ入社したいと思いました。そして入社前に島袋でアルバイトをしたことでこの会社で働いてみたいと決断しました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

1社でも多くの会社を調べたり、訪問することで考え方がどんどん変わっていくと思います。面倒くさがらずにまずは行動することをオススメします。

安森 寛人(ヤスモリ ヒロト)

安森 寛人(ヤスモリ ヒロト) さん

部署・役職
1課第2 配送
出身学校
沖縄大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

早くから色々な企業の説明会に行き、県外も含めて自分に合った仕事を幅広く、視野を広げて見ておけばよかったと思います。
面接練習を沢山してどんな質問にもしっかり答えられるように、事前準備には気を付けていました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

私がこの会社を選んだ決め手は会社の雰囲気や社長含め社員の人柄が良かったことです。
「仕事を愛し、職場を明るくする」という社訓にも魅力を感じ、自分も仕事を好きになり、明るい職場で働きたいと思いました。
それとスーツではなくポロシャツで働く環境も自分には合っていると思いました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

自分のやりたい仕事や興味のある仕事の企業を探して、会社の単独説明会に積極的に参加し、どういう雰囲気なのか、やり続けていけそうかなどをしっかり考えながら企業を選んだほうがいいと思います。それとワークライフバランスも自分に合っているか確認するなど、給与だけで会社を選ばないようにしてほしいと思います。