プレミアホテルグループ(ハイアットリージェンシー那覇沖縄/リーガロイヤルグラン沖縄/オクマプライベートビーチ&リゾート)

プレミアホテルグループ(ハイアットリージェンシー那覇沖縄/リーガロイヤルグラン沖縄/オクマプライベートビーチ&リゾート)

業 種
ホテル・旅行

「ハイアットリージェンシー那覇沖縄」、「リーガロイヤルグラン沖縄」、「オクマプライベートビーチ&リゾート」はプレミアホテルグループの一員です。

ホテルビジネスとサービスにおいて、最上級のプレミアムをご提供するプロフェッショナル集団。それがPHG(プレミアホテルグループ)です。

現在PHG(プレミアホテルグループ)では、国内外で計30ホテル、総客室数約8,000室を所有・運営。インターナショナルチェーンのシティホテルからビジネスホテル、旅館と多様な施設の運営を積極的に行っています。

県内では、2015年7月に開業した「ハイアットリージェンシー那覇沖縄」をはじめ、「リーガロイヤルグラン沖縄」、「オクマプライベートビーチ&リゾート」といった沖縄を代表するラグジュアリーホテルを運営。

【ホテル業界内で独自のポジションを築くPHGとは】
PHGは、「所有」・「経営」・「運営」を一つの企業ですべて行う「直営方式」をほとんどのホテルで取り入れています。自社所有による自社運営という「直営方式」を採り入れることで、スピーディーな意思決定ができ、より質の高いサービスをお客様に提供することが可能となっております。

自らがホテルの運営オペレーションを行うことで、従来のホテル業界の常識にとらわれず、ホテルビジネスやサービスをダイナミックに展開し、お客様に最大限の幸福感を提供すると共に、世界有数のホテルチェーンに認められる「優れたホテル運営オペレーション」をあわせ持つと自負しています。

【PHGならではのマルチブランド展開】
PHG(プレミアホテルグループ)は、「直営方式」を主軸として、自社ブランドとインターナショナルホテルチェーンとのフランチャイズの両用により、マルチブランド展開を実現しています。“ハイアット”“ヒルトン”“スターウッド”など、世界有数のホテルチェーンとの提携実績があり、このような有名ホテルチェーンがフランチャイズを認めていることは、当グループが、トップクラスのホテル運営オペレーションを行っている証しでもあります。

世界に名だたるインターナショナルホテルチェーンとの提携によるマルチブランド展開により、提携先の販売ネットワークを活用して集客力を高める一方で、各ホテルの魅力を最大限に引き出し、グループのDNAとも言えるホスピタリティ精神を今まで以上に注ぎ込むため、自社ブランドによるオペレーションを今後更に拡大していく予定です。

みなさんもぜひ、私たちPHGの一員となり、世界のゲストを最高のホスピタリティでお迎えしてみませんか?日本の観光を牽引する沖縄のホテル業界で、“一流”に触れるグローバル体験がここにあります。

  • プレミアホテルグループ(ハイアットリージェンシー那覇沖縄/リーガロイヤルグラン沖縄/オクマプライベートビーチ&リゾート)の写真
  • プレミアホテルグループ(ハイアットリージェンシー那覇沖縄/リーガロイヤルグラン沖縄/オクマプライベートビーチ&リゾート)の写真
  • プレミアホテルグループ(ハイアットリージェンシー那覇沖縄/リーガロイヤルグラン沖縄/オクマプライベートビーチ&リゾート)の写真
  • プレミアホテルグループ(ハイアットリージェンシー那覇沖縄/リーガロイヤルグラン沖縄/オクマプライベートビーチ&リゾート)の写真
  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3-6-20
地図
TEL 098-866-8888
HP http://okinawa-recruit.premierhotel-group.com/
事業内容

ホテル経営および運営
ハイアットリージェンシー那覇沖縄、リーガロイヤルグラン沖縄、オクマプライベートビーチ&リゾート

設立年月 平成26年8月
代表者名 代表取締役社長 佐藤 健人
資本金 5,000万円
従業員数 600名
支店・支店事業所 ①PHR沖縄ホテルマネジメント株式会社
(ハイアットリージェンシー那覇沖縄)
沖縄県那覇市牧志3-6-20

②グランホテルオペレーション株式会社
(リーガロイヤルグラン沖縄)
沖縄県那覇市旭町1-9

③株式会社琉球ホテルリゾートオクマ
(オクマプライベートビーチ&リゾート)
沖縄県国頭郡国頭村字奥間913
グループ会社・子会社・
関連会社
株式会社ケン・コーポレーション、その他KENグループ各社
採用実績データ 2016年 27名
2017年 17名
2018年 15名

<大学院>
琉球大学

<大学>
亜細亜大学、追手門学院大学、沖縄キリスト教学院大学、沖縄国際大学、関西外国語大学、北九州率大学、慶應義塾大学、國學院大學、中央大学、天理大学、東京外国語大学、東京国際大学、東北福祉大学、獨協大学、日本大学、法政大学、武蔵野大学、名桜大学、琉球大学

<短大・高専・専門学校>
専修学校インターナショナルリゾートカレッジ、沖縄キリスト教短期大学、沖縄女子短期大学、駿台トラベル&ホテル専門学校、辻製菓専門学校、辻調理師専門学校、東京エアトラベル・ホテル専門学校、東京観光専門学校、東京電子専門学校、東京YMCA国際ホテル専門学校、専門学校中野スクール・オブ・ビジネス、中村国際ホテルスクール、専門学校日経ビジネス、日本外国語専門学校、専門学校日本スクール、広島酔心調理製菓専門学校、沖縄調理専門学校、琉球調理師専修学校、インターナショナルリゾートカレッジ、沖縄経理情報専門学校


<海外>
Musicians Institute Hollywood
NZ Management Academies
英国Malvern House London
オーストラリア国立メルボルン大学
米国テキサス州立大学
ニューヨーク州立大学
バンクーバーイングリッシュセンター
復旦大学
白石大学
開催日 イベント名
現在イベント情報はありません。

中林 敏樹(ナカバヤシ トシキ)

中林 敏樹(ナカバヤシ トシキ) さん

部署・役職
オクマプライベートビーチ&リゾート 料飲グループ 料飲サービスセクション(2017年新卒)
出身学校
名古屋コミュニケーションアート専門学校

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

自分が本当にやりたい事ができる企業かどうか、入社後その企業にどれだけ思いを込められるかということを意識しながら就職活動を行いました。ただ、今になって思うことは、もう少し早く就職活動を始めていればよかったということです。就職活動を重く考えすぎ、しっかり時間が作れないと就職活動ができないと当時の私は考えていました。しかし、空いた時間にインターネットなどで情報収集することも就職活動の一つなのです。もっと気軽に知る努力を行えばよかったと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

一番には「やんばる」の環境です。大自然の中にあるリゾートホテルで働いてみたい!という気持ちが決め手です。加えて、インターンシップに参加した際、様々なことが学べ、自分自身が成長できる会社だと感じたからです。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

私もそうでしたが、企業がインターンシップを受け入れているのであれば是非参加し、職場環境や生活環境を目で見て確かめてから決めることをお勧めします。入社後のモチベーションにも係わるので妥協せずに活動して下さい。周囲が決まっていったからといって焦りすぎないこと!

吉嶺 将史(ヨシミネ マサシ)

吉嶺 将史(ヨシミネ マサシ) さん

部署・役職
リーガロイヤルグラン沖縄 宿泊部 宿泊課 ゲストサービス(2018年新卒)
出身学校
琉球大学 観光産業科学部 観光課学科

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

就職活動中は自分のやりたいことを中心軸にしてブレないよう気を付けました。そして 友人や先輩から多くの意見を頂きました。もちろん他の人からのアドバイスは重要ですが、意見を聞きすぎて自分の軸がブレてしまう方が危険だと思います。最終的には自分の考えで決断することを忘れないように意識しました。こうしておけばよかったと思う点は、  就職活動を始めるのがかなり遅かったので、もっと事前に準備しておけば良かったと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

プレミアホテルグループを選んだ決め手は二点あります。一つ目は急速に成長している企業であることです。プレミアホテルグループは年々運営するホテル数が増加しており、沖縄にも新規ホテル開業が予定されています。非常に勢いのある会社だと思いました。二つ目は会社や社員の方々の雰囲気が自分に合っていると感じ、ここで働きたいと思ったからです。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動中はどうしても他人に目がいってしまいます。集団面接で同じグループになった人は自分より優秀に見えてきますし、大手企業に採用が決まった友人は自分より幸せに思えてきます。そうなると就職活動は非常に辛いものになってしまうので、あまり他人を  意識し過ぎず、自分と向き合って頑張ってください。応援しています。