三井住友海上火災保険 株式会社

三井住友海上火災保険 株式会社

業 種
金融・保険・証券

世界に安心と安全を届けるために、立ちどまらず挑戦を続けます。

世界屈指のMS&ADインシュアランスグループの中核を担う三井住友海上。激動の現代、日本および世界各国の発展を支えていくという使命に燃えて、人や企業が直面する様々なリスクと向き合ってきました。2016年2月に英国大手保険グループAmlin社の買収を完了。活動領域は欧州、アジア、米州と世界中42カ国・地域に展開、常に事業領域を拡大しています。今後はグループ力を活かして世界トップ水準の保険・金融グループを目指します。また世界に安心と安全を届け、お客さまから、三井住友海上が品質で高く評価される会社になるため、立ちどまらず挑戦し続けます。

  • 三井住友海上火災保険 株式会社の写真
  • 企業情報
  • イベント情報
  • OG・OB
    インタビュー
本社所在地 〒900-0021 沖縄県那覇市泉崎1-20-1 那覇ビジネスセンター9階
地図
TEL 098-862-1329
HP http://www.msig-saiyou.com/
事業内容

1.損害保険業、保険引受、資産の運用
2.他の保険会社の保険業に係る業務の代理または事務の代行
3.債務の保証
4.投資信託の販売業務
5.確定拠出年金の運営管理業務
6.自動車損害賠償保障事業委託業務

設立年月 1918年10月
代表者名 原 典之
資本金 1,395億9,552万円(2016年3月31日現在
従業員数 14859名
年間売上高 1兆5,074億円(2016年3月31日現在)
支店・支店事業所 本社/東京
事業所/
【ブロック本部】
北海道、東北、関東甲信越、千葉埼玉、東京、北陸、中部、関西、
四国、中国、九州など
【営業部支店】
札幌、仙台、茨城、新潟、群馬、埼玉、千葉、横浜、静岡、金沢、
京都、神戸、岡山、広島、高松、福岡、熊本、鹿児島、沖縄など
【海 外】
ホーチミン、クアラルンプール、シンガポール、バンコク、香港、
台北、ニューヨーク、デトロイト、ロンドン、パリ、ミラノなど
計42の国・地域・800拠点以上
グループ会社・子会社・
関連会社
MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス(株)
●あいおいニッセイ同和損害保険(株)
●三井ダイレクト損害保険(株)
●三井住友海上あいおい生命保険(株)
●三井住友海上プライマリー生命保険(株)
●(株)インターリスク総研
採用実績データ 沖縄支店採用実績
2017年度 3名
2016年度 3名
2015年度 2名
開催日 イベント名
【2/12-15 インターンシップ】 県内就活を見据えたインターンシップ in 沖縄 

詳細を見る

島仲 美香(シマナカ ミカ)

島仲 美香(シマナカ ミカ) さん

部署・役職
沖縄支店 琉球支社
出身学校
沖縄国際大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

就職活動の中では「行動」「笑顔」「ポジティブ」の3つを心掛けていました。行動面では、エントリーシートの内容に具体性を持たせるため説明会やOGOB訪問に積極的に参加し、自分自身で観て聴いて感じたことを通して志望動機を作成しました。面接や説明会では第一印象が大切なので、いつでも笑顔を心がけていました。時には試験に落ちて悔しい思いをする事もありましたが、ポジティブに捉え悔しい経験を糧に次へ進む原動力としてきました。また金銭的な余裕がなく県外の合同説明会にあまり参加できなかったので、学校や県の支援金をもっと活用していればよかったなと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

就職活動を進める中で、社会のインフラとしてお客様を支える損害保険業界に興味を持ちました。何十社もある企業の中から当社を選んだ理由は社員の人柄に魅力を感じたからです。社員訪問や合同説明会で会う社員一人ひとりが学生に対して真摯に向き合っている姿をみて「この会社で働きたい」と思いました。入社した現在も、周りの先輩方や代理店さんに支えられながら日々楽しく、やりがいを持って勤務しております。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動は初めて自分と向き合う貴重な機会です。将来どんな会社に働いて、どんな仕事をして、どんな自分になりたいのか、不安な事もあると思いますが悩んで行動した分だけ自分色の素敵で明るい未来が待っていると思います。諦めずに頑張って下さい!

波平 理沙(ナミヒラ リサ)

波平 理沙(ナミヒラ リサ) さん

部署・役職
沖縄支店 沖縄支社
出身学校
琉球大学 

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

将来自分がどのようなライフスタイルで生活していきたいかという軸をぶらさず、そのためにどの会社で働くのが自分にとってベストなのか、ということを意識して就職活動を行っていました。「軸」をもって会社をみると、自分にとっての様々な良い面・好ましくない面が見えてきます。
同じ業界でも会社によって個性があるので、その個性をしっかりと見極められるよう、社員訪問やインターシップに参加することはとてもためになると後々実感しました。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

資料からわかることでいえば仕事内容、給与体系、休暇制度、等が自分に合っていると感じたことでしたが、一番の決め手となったのは、社員訪問の際、「人を育てる環境が整っていそうで、誠実そうな会社である」という印象を受けたことでした。資料で見る限り、同じ業界の他社とそれほど差がないと見受けられることもありましたが、実際に社員に会うと、より興味・関心・憧れがわいたことでこの会社で働きたいと思いました。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

自分自身が生きていくうえで大切にしたいことをよく考え、そのためにどの会社で働くのが自分にとってベストなのかを見極め、納得のいく就職先を見つけられるよう頑張ってください!

比嘉 彩乃(ヒガ アヤノ) さん

部署・役職
九州損害サポート第1部 沖縄保険金お支払センター
出身学校
琉球大学

インタビューを見る

Q1.就職活動中で気をつけた事(意識した事)、または「こうしておけばよかった」と感じた点はありますか?

就職活動中自分と他者を比較しないよう意識しておりました。
当初、周りがすごく出来る子に見えたため「こんな凄い人たちの中で私が上手くいくのか…」と不安になることもありました。
しかし適性は人それぞれ異なり、他者と自分を比較することは重要ではないこと気づいてからは、少し自信を持って挑めるようになりました!
就活中は周りが先に内定をとって不安になることもあると思いますが、他者と比較せず、自分のペースで前向きに頑張ることが大切だと思います。

Q2.この会社を選んだ「決め手」は何でしたか?

「この会社に勤める社員の人たちと一緒に働きたい」と思ったのが、弊社を選んだ決め手です。就職活動が進んでいく中で関わった人事担当者、その他社員の穏やかな雰囲気や、向上心持って一生懸命仕事に取り組んでいる姿がとても印象的で「この社員の人たちと一緒に働きたいな」と思いました。実際、現在一緒に働いている先輩たちも穏やかな人が多いですが、ただのんびりしている訳ではなく、業務はバリバリこなす社員ばかりなので、私が入社前に感じた印象の通りだと感じております。現在は先輩に近づけるよう日々仕事に取り組んでおります。

Q3.現在、就職活動をしている学生さんへのアドバイスをお願いします。

就職活動中は、自分が思ったようにうまくいかず、気持ちが落ち込むこともあるかと思います。ただ、普段生活している中で関わることのできないたくさんの会社を知るとても良い機会です。たまに息抜きや、休憩をしながら前向きに頑張ってください!そしていろんな会社を知った上で、弊社の社員や業務内容に、魅力を感じて志望して頂けるととても嬉しいです。