お気に入り企業0

,

株式会社 沖縄富士通システムエンジニアリング沖縄県那覇市久茂地1-12-12ニッセイ那覇センタービル

,
株式会社 沖縄富士通システムエンジニアリング

私たち沖縄富士通システムエンジニアリング(略称:OKS)は、国内に約100社ある富士通グループのひとつです。沖縄に拠点を置き、最新の情報技術とこれまで培ってきたあらゆるノウハウをベースに、お客様のベストパートナーとして、地域に根ざした企業活動を展開しております。

私たち社員一人ひとりが、常にお客様の課題を一緒になって考え、誠意をもって行動し、お客様が今最も必要としているソリューションを提案してまいります。そのために必要な販売力や商品力、技術力、開発力、提案力はもちろんですが、「人間力」をも含めた意味で、「さすがOKSの社員は他社と違う」と言われるような「No.1ソリューションベンダー」であり続けたいと考えております。

経済、社会の変化はますます激しくなってきていますが、この変化をチャンスと捉え、社員一人ひとりが未知への挑戦と探究を行うことで常に革新を続け、躍進を果たしていきたいと思います。お客様に信頼され、社会に貢献し、お客様とともに成長する企業を目指して、新たなソリューションを発信し続けてまいります。

  • 企業のホームページ確認

株式会社 沖縄富士通システムエンジニアリング ロゴ

企業基本情報

企業名 株式会社 沖縄富士通システムエンジニアリング (カブシキガイシャ オキナワフジツウシステムエンジニアリング)
事業内容システム構築・運用、パッケージ開発およびコンサルティング
設立・創業1982年12月20日
代表者名代表取締役 内田 伸
資本金 1億円
従業員数175人
年間売上高 31億8,500万円(2017年3月期)
会社沿革
1982年
12月

会社設立 資本金1億円 富士通株式会社100%出資(12月)

1982年
12月

東京分室をFビル内に開設

1983年
1月

本社事務所を日本生命那覇ビル4階に開設

1990年
6月

ニッセイ那覇センタービルに事務所移転

1990年
7月

フレックス勤務制度導入

1993年
10月

目標管理評価制度の導入

1995年
7月

県内初のプロバイダ(Inforyukyu)として接続サービスを開始

1999年
1月

ソフトウェア業界で県内初のISO9001を取得

2001年
6月

東京分室をテクノポート三井生命ビルに移転し、
東京オフィスに名称変更

2002年
12月

創立20周年

2003年
3月

沖縄富士通システムエンジニアリング労働組合を結成

2005年
3月

ISO14001を取得(EC98J2005)

2007年
5月

「子育て支援企業」沖縄県第一号に認定

2007年
10月

「ワークライフパランス企業」沖縄県第一号に認定

2008年
10月

プライバシーマーク付与認定取得(10823053(01))

2015年
9月

「プラチナくるみ認定企業」に認定

主要取引先富士通株式会社
採用実績<県内>
琉球大学、沖縄国際大学、沖縄大学、沖縄キリスト教短期大学、名桜大学、沖縄職業能力開発大学校、沖縄工業高等専門学校
<県外>
筑波大学、宇都宮大学、電気通信大学、名古屋大学、山口大学、鹿児島大学、千葉工業大学、芝浦工業大学、専修大学、中央大学、東海大学、東京経済大学、東京電機大学、法政大学、武蔵工業大学(東京都市大学)、明治大学、日本女子大学、東京家政大学、神奈川大学、関東学院大学、金沢工業大学、同志社大学、関西大学、摂南大学、岡山理科大学、久留米工業大学、福岡大学、福岡工業大学、九州東海大学、日本文理大学、大分大学