お気に入り企業0

,

オリオンビール株式会社沖縄県浦添市字城間1985番地の1

,
オリオンビール株式会社

オリオンビールは今年60周年を迎えました。県内の製造業として、地場産業の振興と地域社会へ貢献出来る企業を目指して事業に取り組んでいきます。

  • 企業のホームページ確認

オリオンビール株式会社 ロゴ

企業基本情報

企業名 オリオンビール株式会社 (オリオンビールカブシキガイシャ)
事業内容ビール類、その他酒類の製造販売
清涼飲料の販売
設立・創業1957年05月18日
代表者名代表取締役社長 與那嶺 清(よなみね きよし)
資本金 3億6千万円
従業員数158人
年間売上高 259億5,200万円(平成29年3月期)
会社沿革
 
 

オリオンビール(株)は、1957(昭和32年)に沖縄ビール(株)として設立。
1959(昭和34年)年5月からビールの製造販売を開始し、同時に社名をオリオンビール(株)に変更しました。
設立当時の県内市場は、本土及びアメリカを中心とした諸外国のビールが輸入されており、2年~3年の間はビール販売も伸びず苦しい状態が続きました。しかし、県産品愛用運動など県民の皆様からのご支援を背景に、全社を挙げての懸命な販売努力と、品質面においても、沖縄の気候、風土にマッチしたマイルドで口当たりのよいビールを開発し、売上げも好調に推移してまいりました。
一方、工場の生産能力も当初5,400klでありましたが、その後の販売量の拡大により工場の規模を拡張し、現在では年間生産能力72,000 klとなっています。当社は市場環境の変化に対応するため、2002(平成14年)年8月アサヒビール(株)と業務提携をし、同年11月より当社主力商品である「オリオンドラフト」缶製品の沖縄県外(奄美群島を除く)での拡販をアサヒ社に、2003(平成15年)年5月には、アサヒ社の主力商品「アサヒスーパードライ」のライセンス製造・販売を開始致しました。
また、消費者の皆様の嗜好の多様化に対応するため、主力商品であるオリオンドラフトビールの他、麦職人、ゼロスター、サザンスター、スペシャルエックス、ゼロライフ、贅沢気分に加え、アサヒ社扱いの洋酒、ワイン、低アルコール類の取扱も開始することにより、ビール、発泡酒、新ジャンル(ビール類)にとどまらない幅広い総合的な酒類販売体制が整いました。

支社・支店・事業所本社(浦添市)、名護工場(名護市)、東京営業所(中央区八丁堀)、大阪営業所(大阪市西区江戸堀)
関連会社など(株)ホテルロイヤルオリオン
オリオン嵐山ゴルフ倶楽部(株)
オリオンサポート(株)
(株)ホテルオリオンモトブ
主要取引先南島酒販㈱、㈱許田商会、㈱タカダ、大和製罐㈱、レンゴー・リバーウッド・パッケージング㈱、㈱ざまみダンボール、
※順不同
採用実績      2014年  2015年  2016年  2017年
-------------------------------------------------------------
院了    2名      -      -     2名
大卒    6名     5名     3名     5名
高専卒  1名      -     1名      -
高卒     -     1名      -      -

勤務地マップ